【専門職向け】小殿筋の触診やストレッチを解説

この記事では、小殿筋(gluteus minimus)に関する充実したデータを閲覧できます。

小殿筋の概要

小殿筋の起始停止

小殿筋は中殿筋に覆われており、その作用は中殿筋とほぼ同じであるため、両者を区別することは難しいです。

小殿筋は停止部が大転子前面にあるため、わずかながら股関節の屈曲と内旋にも作用します。

基本データ

支配神経 上殿神経
髄節 L4-S1
起始 腸骨翼の殿筋面(前殿筋線と下殿筋線の間)
停止 大腿骨の大転子の前面
栄養血管 上殿動脈
動作 股関節の外転,内旋(僅か)
筋体積 138
筋線維長 5.4
速筋:遅筋(%) 50.050.0

運動貢献度(順位)

貢献度

股関節外転

股関節内旋

1 中殿筋 中殿筋(前部)
2 大殿筋(上部) 小殿筋
3 大腿筋膜張筋 大内転筋

小殿筋の触診方法

自己触診:中殿筋

写真では、股関節を外転させることで中殿筋を収縮させて、大殿筋との境目の部分(屈伸軸に近い後方筋束)を触診しています。

小殿筋は中殿筋の深層にあり、筋線維の走行と作用も中殿筋とほぼ同じであるため、厳密に識別して筋収縮を触知することは困難です。

中殿筋と小殿筋

ストレッチ方法

小殿筋のストレッチング

長坐位にて片膝を立てて交差させ、腕をつかって股関節を内転させていきます。

骨盤の過度な回旋を防止するように注意してください。

筋力トレーニング

小殿筋の筋力トレーニング

足首にチューブを巻いて立位の姿勢をとり、鍛えたい方の足を外側に振り上げていきます。

体幹の側屈や股関節の屈曲が入らないように注意してください。

圧痛点と関連痛領域

小殿筋の圧痛点(トリガーポイント)が前方線維に存在すると大腿から下腿の外側に痛みが生じ、後方にあると大腿から下腿の後方が痛みます。

下肢後面の痛みを訴える患者では小殿筋の圧痛が多いため、必ずチェックしておくことが必要な筋肉になります。

浅層には中殿筋が位置しているため、圧迫を加える際は強い押圧が必要です。

関連する疾患

変形性股関節症

変形性股関節症による筋萎縮の度合いを評価した研究では、大殿筋、中殿筋、小殿筋の順に萎縮率が大きかったことが報告されています。

殿筋群の萎縮には拮抗筋である腸腰筋や恥骨筋の攣縮が影響しており、股関節の伸展や外転制限による出力低下も関与しています。

それらの原因を取り除いたのちに、小殿筋の筋力トレーニングを行うことが推奨されます。


vc

他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

ピックアップ記事

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme