vc

小殿筋

この記事では、小殿筋(gluteus minimus)に関する充実したデータを閲覧できます。

小殿筋の概要

小殿筋の起始停止

小殿筋は中殿筋に覆われており、その作用は中殿筋とほぼ同じで、股関節の外転に貢献しています。

停止部が大転子前面にあるため、わずかながら股関節の内旋作用も有しています。

基本データ

支配神経 上殿神経
髄節 L4-S1
起始 腸骨翼の殿筋面(前殿筋線と下殿筋線の間)
停止 大腿骨の大転子の前面
栄養血管 上殿動脈
動作 股関節の外転,内旋(僅か)
筋体積 138
筋線維長 5.4
速筋:遅筋(%) 50.050.0

運動貢献度(順位)

貢献度

股関節外転

股関節外旋

股関節内旋

1 中殿筋 大殿筋 中殿筋(前部)
2 大殿筋(上部) 大腿方形筋 小殿筋
3 大腿筋膜張筋 内閉鎖筋 大内転筋

小殿筋の触診方法

自己触診:中殿筋

写真では、股関節を外転させることで中殿筋を収縮させて、大殿筋との境目の部分(屈伸軸に近い後方筋束)を触診しています。

小殿筋は中殿筋の深層にあり、筋線維の走行と作用も中殿筋とほぼ同じであるため、厳密に識別して筋収縮を触知することは困難です。

中殿筋と小殿筋

ストレッチ方法

小殿筋のストレッチング

長坐位にて片膝を立てて交差させ、腕をつかって股関節を内転させていきます。

骨盤の過度な回旋を防止するように注意してください。

筋力トレーニング

小殿筋の筋力トレーニング

足首にチューブを巻いて立位の姿勢をとり、鍛えたい方の足を外側に振り上げていきます。

体幹の側屈や股関節の屈曲が入らないように注意してください。

マッサージ方法

大殿筋と小殿筋

中殿筋の一部と小殿筋の大部分は大殿筋に覆われているため、殿部へのマッサージのほとんどは3つの殿筋を同時に行っていきます。

方法として、患者には腹臥位をとってもらい、施術者は手根を腸骨翼に置いて、組織をしっかりと押圧しながら大転子に向けて滑らせていきます。

このプロセスを腸骨翼を網羅するように移動させていきながら、中殿筋全体をマッサージするようにして実施していきます。

大殿筋に過度な緊張があるとしっかりとマッサージが行えないため、事前に緩めておくことで効果的に圧を加えることができます。

圧痛点と関連痛領域

小殿筋の圧痛点と関連痛領域

小殿筋や中殿筋前部線維は股関節内旋に働くため、内旋運動配列の筋膜に属します。

圧痛点(トリガーポイント)は腸骨稜の直下前方に出現し、関連痛は主に鼡径部に起こります。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme