横隔膜(diaphragm)

vc

この記事では、横隔膜を治療するために必要な情報を掲載していきます。

横隔膜の概要

横隔膜の起始停止

横隔膜はその名称から膜と間違われやすいですが、実際は他の骨格筋と同様で横紋筋に属しています。

横隔膜が収縮すると停止部である腱中心が引き下げられ、胸郭が拡大し、胸腔内圧が下がり、空気を取り込むことになります。

胸腔が広がると相対的に腹腔の容積が減るため、腹圧が高まり、排尿や排便、嘔吐を補助します。

横隔膜が弛緩すると停止部である腱中心が引き上げられ、胸郭が縮小し、胸腔内圧が上がり、空気を吐き出すことになります。

基本データ

項目

内容

支配神経 支横隔神経と副横隔神経
髄節 C3-5(または6
起始 ①胸骨部:剣状突起の内面

②肋骨部:第7-12肋骨(肋骨弓)の内面

③腰椎部:外側脚と第1-4腰椎にかけての内側脚

停止 腱中止部分
栄養血管 上腕動脈
動作 吸気の主力呼吸筋(腹式呼吸)
拮抗筋 腹横筋

横隔膜には三つの穴がある

横隔膜には血管、神経、食道などが通過するための大きな裂孔が3つあります。

①大静脈孔 下大静脈と右横隔神経の枝
②大動脈裂孔 大動脈、奇静脈、胸管
③食道裂孔 食道、迷走神経、左横隔神経の枝
横隔膜|裂孔
横隔膜裂孔①
横隔膜裂孔②

横隔膜の触診方法

横隔膜|正面

剣状突起直下に手を置き、腹部をふくらませながら吸気(腹式呼吸)すると収縮を触知できます。

呼吸に関する筋の収縮と呼吸運動

横隔膜は安静吸気時に腱中心が下降して、胸郭は約1.5㎝垂直方向に拡大し、胸郭の容積は約400ml増加します。

これは一回換気量(500ml)の70-80%を占め、残りは外肋間筋などの筋活動によって得られます。

筋肉

安静吸気

努力吸気

努力呼気

横隔膜

外肋間筋

内肋間筋前部

肋骨挙筋

上後鋸筋

胸鎖乳突筋

斜角筋群

大・小胸筋

僧帽筋

肩甲挙筋

脊柱起立筋

肋下筋

内肋間筋横・後部

腹筋群

腹横筋

胸横筋

下後鋸筋

アナトミートレイン

横隔膜はアナトミートレインの中で、DFL(ディープ・フロント・ライン)に繋がっています。

前述したように横隔膜は腹圧と深く関係しており、収縮することでコアの安定性(コアスタビリティ)を高める方向に働きます。

女性は男性よりも胸式呼吸が多いとされていますが、それが結果的に女性に扁平足が多く、外反母趾やモートン病を起こしやすい理由と考えられます。

横隔膜と腰方形筋

横隔膜は第12肋骨を引き上げ、腰方形筋は第12肋骨を引き下げることから、両者は拮抗するように作用します。

横隔膜と腰方形筋はDFLにおいて筋膜上の繋がりを持つことから、どちらも柔軟に動けることがコアを安定させるためには重要です。

腰方形筋は非常に硬くなりやすい筋肉であるため、コアスタビリティが低下している症例では、徒手的にリリースすることが求められます。

横隔膜テクニック

背臥位にて施術者は肋骨弓を把持し、患者が息を吸うのと同時に優しく肋骨弓を上外側に押していき、胸郭を横に広げていきます。

患者が息を吐いている間は肋骨弓を保持したままとし、胸郭の狭まりに対して安定化させるようにします。

間接的に横隔膜がしっかりと収縮できるように誘導することで、習慣的な姿勢の崩れを防止することが期待できます。


他の記事も読んでみる

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme