スポンサードリンク

片頭痛,緊張性頭痛を治す方法


片頭痛と緊張性頭痛のメカニズムから治療法までをわかりやすく解説していきます。

片頭痛の概要

片頭痛は名前の通りに頭の片側が痛む症状ですが、中には両側に起こる場合もあります。心臓の拍動と同じリズムでズキンズキンとした痛みが耳やこめかみ、目にかけて起こります。

頭痛全体の8.4%を占めるとされており、女性では男性よりも4倍ほど発症しやすいとされています。

通常、痛みは1ヶ月に数回ほど起こり、約8割の人は仕事に支障をきたしています。重度な場合は、身動きがとれずに寝込んでしまうこともあります。

片頭痛のメカニズム

痛みのメカニズムは、視床下部が何らかの理由によって興奮し、脳内の血管が急激に拡張することにで、その血管の周囲を取り巻く三叉神経を刺激することにより起こります。

なぜ視床下部が興奮するのかについては不明な点も多く、治療を受けても完全な治癒までには至らないケースが多いです。

片頭痛の前兆として、ギザギザした光のようモノが見えて、視界に異常がきたす閃輝暗点(せんきあんてん)といった症状が現れます。

閃輝暗点は片頭痛オーラとも呼ばれており、脳の視覚野の血管が収縮し、一時的に血の流れが変化するために生じると考えられています。

片頭痛の簡単な見分け方として、頭痛が発生した際に下を向いて頭を左右に振ってみて、その際に痛みがガンガンと強くなるような感覚があったら、片頭痛の可能性が高いです。

重度の片頭痛「群発頭痛」

頭痛の中でも割合はとても少ないですが、最も激しい頭痛を起こす原因として群発頭痛があります。

群発頭痛も片側のみに発生する片頭痛ですが、その痛みは片頭痛の10倍ともいわれています。頭痛は15分から長いもので三時間、数週間にわたって群発的に発生します。

群発頭痛の場合はすぐに病院を受診し、正しい処置をとっていただくことで症状を解消することができます。その後は、再発しないように生活習慣を整えることが必要となります。

片頭痛を抑える方法

片頭痛を抑えるためには、急激に拡張した血管を収縮させる必要があります。そのためには、以下の方法が効果的です。

  • 静かな暗い場所で横になって眠る
  • 頭痛薬を服用する
  • 痛む部分(脳内血管)を氷水などで冷やす
  • 飲酒や入浴は控える
  • ストレスが溜まらないようにする
  • 第2頸椎点(ツボ)を押さえる etc.

発生を予期した対策が重要

片頭痛の前兆として片頭痛オーラ(閃輝暗点)が見えることは前述しましたが、このときにどう対応するかが片頭痛対策には重要となります。

可能なら横になって眠ってしまい、片頭痛を回避することが理想です。または、アセトアミノフェンやアスピリン、イブプロフェンといった市販薬を服用することも効果的です。

誤解されがちなのが、どれか一種類の薬を試してみて効かなかった場合に、「私の片頭痛は薬が効かない」と結論づけてしまうことです。

種類によって効能は違いますし、アスピリンは全く効かないのにアセトアミノフェンが著効するといった場合もあります。

そのため、片頭痛の予兆が出現した際に、自分はどう対応することが最もベストなのかを試行錯誤しながら見つけておくことが大切です。

頭痛に効果が期待できる市販薬

1.アセトアミノフェン

2.アスピリン

3.イブプロフェン

ツボの効能について

全身には2,000カ所以上のツボがあると言われており、全身のありとあらゆるところにツボは存在しています。

理学療法士である私は東洋医学には精通していませんが、実際にツボを押されて良くなったという友人もいますので、多少なりとも効果があると考えています。

ツボの効果についてはWHO(世界保健機構)も認めており、2006年にツボを361カ所にまとめて発表しています。

現在、この361カ所がツボの基本となっており、主要ツボとして効果が大きいとされています。

その中で、今回はリハビリテーションの範囲外ではありますが、臨床でよく相談を受ける頭痛についての改善方法について、ツボを参考に調査してみました。

片頭痛を抑えるツボ

片頭痛,効く,ツボ,第2頸椎点

後頭部のくぼみの中央から指1本分外側に進み、さらに指2本分下がったところに第2頸椎点という片頭痛に効くツボが位置しています。

第2頸椎点のツボは、過剰に働いている副交感神経を整えて、血管拡張を改善する作用があります。

なので、片頭痛が起こったときに刺激すると痛みが和らぎます。また、普段から刺激をしておくことにより、片頭痛の予防効果があるとされています。

スポンサードリンク

緊張性頭痛とは

片頭痛とともに代表的な頭痛が緊張性頭痛です。日本人の頭痛で最も多いとされており、その割合は22.3%と報告されています。

頭全体が金属の輪っかで締めつけられているような痛みが特徴の頭痛で、後頭部から首すじにかけて重苦しい痛みが伴います。

片頭痛が脳内の血管が拡張しているのに対して、緊張性頭痛では後頚部の血管が収縮していることが痛みの原因となっています。

緊張性頭痛は片頭痛と比較して軽度な場合が多いですが、日常的に長く続くことがほとんどで、慢性型になると一日中、毎日持続することもあります。

緊張性頭痛のメカニズム

主な原因は僧帽筋上部のストレスであり、デスクワークなどで背骨が丸まっていると、僧帽筋は引き伸ばされた状態になってしまいます。

そうすると、周囲の血流が阻害されて首コリや頭痛といった症状が現れます。

また、心理的なストレスは交感神経を過活動にさせ、血管を収縮させる方向に働いてしまいますので、心理状態からの影響も関与しています。

現代はデスクワークが増え、さらに人間関係が複雑化してストレス社会と呼ばれています。そのような環境下なので、緊張性頭痛は増加の傾向にあります。

自律神経が身体に及ぼす効果

以下の表は、交感神経が優位になった場合と、副交感神経が優位になった場合の身体に起きる変化です。

交感神経優位 副交感神経優位
体温
血圧
呼吸
心拍数
血行
免疫力
消化

緊張性頭痛を抑える方法

緊張性頭痛を抑えるためには、収縮した血管を拡張させる必要があります。そのためには、以下の方法が効果的です。

  • 血流を阻害している筋肉をマッサージする
  • お風呂に入って体を温める
  • 枕の高さを調整する
  • 副交感神経の活動を高める
  • 風池、天柱(ツボ)を押さえる etc.

緊張性頭痛を抑えるツボ

緊張性頭痛,効く,ツボ,風池,天柱

耳の後ろにある骨の下端と後頭部のくぼみの中間が風池になります。くぼみから親指1本分外側に移動したところが天柱になります。

風池と天柱を刺激すると後頭部の筋肉の緊張が緩められて、コリが解消するとされています。緊張が緩和することによって頭部の血液循環が改善し、頭痛も改善します。

普段からツボを刺激しておくことで予防効果があります。

ツボ押しの強度と施術時間

ツボを押す際は、呼気に合わせてゆっくりと3秒圧迫し、吸気に合わせてゆっくりと圧迫を緩めます。この作業を2,3分ほど繰り返します。

圧迫の強度はツボによって異なり、心地よい強さがいい場合や多少の痛みを伴う程度がいい場合があります。

頭痛に対するツボ押しでは、心地よいから若干の痛みを伴う程度にとどめて実施してみてください。


お勧めの記事はコチラ

収入をアップするための情報はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme