スポンサードリンク

理学療法士のスキルアップ|認定・専門理学療法士などについて


理学療法士のスキルアップに関する情報をまとめてみました。目次は以下になります。

スキルアップできる資格と取得難易度

資格 難易度
介護支援専門員 C
呼吸認定療法士 C
認定理学療法士 B
専門理学療法士 A

ケアマネージャー(介護支援専門員)

受験資格

  1. 規定の国家資格等を持っており、かつ、通算5年以上の実務経験があること
  2. 国家資格はないが相談援助業務や介護業務に就いており、一定期間(通算5年または10年以上)の実務経験があること

受験資格の変更

2015年の法改正により、保有資格取得者に対する試験免除(一部)の廃止が実施されるため、難易度が若干上がります。また、受験要件が「法定資格保有者」と「相談援助業務の経験者」に限定されることになりました。

具体的には、「介護等業務(実務経験5年又は10年)」が受験資格ではなくなり、「相談援助業務(実務経験5年)」の要件が、生活相談員、支援相談員、相談支援専門員、主任相談支援員に限定されます。しかしながら、受験資格には猶予期間が設けられているので、2017年までの試験は現行の要件で受験可能です。

資格について

毎年10月に試験は開催され、平成10年度の第1回の合格率は44.0%でしたが、その後は供給過剰となり合格率は下げられていき、平成26年度は19.1%となっています。

福祉業界で働いているセラピストなら持っておいて損はない資格だと思います。

しかしながら、平均年収は367万円と理学療法士の平均年収よりも低く(理学療法士は397万円)、転職する人は稀です。勉強の一環として取得する人がほとんどだと思います。

3学会合同呼吸療法認定士

受験資格①

a ) 臨床工学技士 経験2年以上
b ) 看護師 経験2年以上
c ) 准看護師 経験3年以上
d ) 理学療法士 経験2年以上

受験資格②

受講申し込みの申請時から過去5年以内に、認定委員会が認める学会や講習会などに出席し、12.5点以上の点数を取得するとともに、その受講証、修了証などの写しを受講申し込み時に添付することが申し込みの要件です。

認定委員会が認める学会や講習会はこちら

資格について

合格者数は平成26年時点で37,109人となっており、合格率は66.0%となっています。その業務の中心は、呼吸療法の実施およびその遂行に用いる機器の管理などです。

あくまで学会認定の資格ですので、呼吸療法認定士の名によって新たな業務ができるわけではありません。

スポンサードリンク

認定理学療法士

受験資格

  1. 新人教育プログラムを修了・免除
  2. 専門分野(旧専門領域研究部会)登録後2年以上経過
  3. 申請する領域の必須研修会の受講
  4. 指定研修の受講
  5. 各領域の履修要件に即したポイントを100ポイント取得(履修要件の詳細
  6. 事例・症例報告・レビューレポート(10例)

認定理学療法士について

平成26年度の時点では、認定理学療法士は702名(保有率0.8%)です。受験資格を見てもわかる通り、結構なハードルがあります。

しかし、それに見合うだけの利益があるかと問われたら疑問が残ります。

個人的には、今後も理学療法士が増え続けて分化学会等が発展していけば、このような資格を持っている者が当然ながら理事になると思います。

また、研修会などを開催するときのアピールポイントにもなりえます。ですので、今後の状況次第ではメリットは出てくる可能性があります。

専門理学療法士

申請条件

  1. 新人教育プログラム修了・免除
  2. 専門分野(旧 専門領域研究部会)登録後5年以上経過
  3. 専門理学療法士申請のための履修要件に沿った560ポイントを取得

専門理学療法士について

平成26年度の時点では、専門理学療法士は1,790名(保有率2.0%)です。こちらは認定理学療法士よりも経験年数が3年多く必要であり、上位資格という位置づけになります。

しかしながら、なんで認定理学療法士と2つ作ったのか全くの謎です。保有率もこちらの方が多いという微妙さです。

こちらは560ポイントが必要なので、溜めるまでに研修なども受け続けなければならず、かなりのお金と労力を必要とします。

申請すると審査があるのですが、その審査料にも「1万円」かかります。ここまで来ると金をむしり取りたいだけな気もしますけど。

ダブルライセンスについて

作業療法士とのダブルライセンス

稀に持っている人がいるようですが、まったく意味がありません。メリットがあるなら教えていただきたいところです。言

語聴覚士は業務がかなり異なりますので見識は拡がるかもしれませんが、給与が上がる可能性は特にないでしょう。

看護師とのダブルライセンス

以前に看護師とのダブルライセンスを持っている方がいましたが、その方は通所介護や有料老人ホームなどが併設した複合施設の責任者をされていました。

看護業務も行えるので、活躍の幅も広いと感じました。給与面だけで考えるなら、理学療法士よりも看護師のほうが高いので(平均年収472万円)、看護師の資格を取得をすることはステップアップともいえるかもしれません。

しかしながら、正看取得まで5年はかかるので、今さら取得する人は少ないと思います。

大学院への進学について

大学院への進学は、大学教員や研究員を目指している以外は辞めておいた方がいいと思います。

なぜなら、理学療法士として修士や博士号を取得したとしても、給与面などで優遇されることはほとんどないためです(大きい病院などでは若干はありますけど)。

学歴が高くなるほどプライドが出てきますので、ヘタなところには就職できなくなります。また、受け入れる側も見合った待遇を用意できないので敬遠しがちです。

なにもいいことはありません。ですので、純粋に勉強のためだけに行くのであれば、やめておいたほうがいいと思います。

スキルアップとは付加価値をつけること

スキルアップと聞くと、資格を取得したり、勉強会に参加するといったことをイメージすると思います。しかし、リハビリ職にとってそんなことは何の価値もないと思います。

なぜなら、資格を取得することで加算が増えるワケでもありませんし、勉強会に参加しただけで技術が身に付くわけでもないからです。

真のスキルアップとは、市場価値を高めることです。具体的には、「売り上げを伸ばす能力」や「コストを削減する能力」を身につけることです。市場では、そういった人材を常に求めています。

自分という商品を、企業にどれだけ高く売れるかで、その人間の価値は決まります。以下に、上記で挙げた方法以外について、いくつか列挙していきたいと思います。

書籍を出版する

書籍の出版は、最も有効に箔を付ける方法の一つだと思います。専門書ではなく、一般書籍レベルなら、理学療法士や作業療法士の方で個人的に出している方が結構おられます。

その著書を読んで病院に訪れてくださる方も出てきますし、そうすることで病院の価値は高まり、売り上げを伸ばすことにつながります。

詳しくは、「理学療法士が書いている一般書を紹介~出版する方法~」という記事を参考にしてみてください。

顧客満足を向上する手法を持っている

顧客満足度は、リピーター率や口コミに大きく影響を与えます。田舎になるほど、口コミによる来院が多くなってきますので、満足度の低い病院などは悪評がすぐに知れ渡り、淘汰されていきます。

具体的に顧客満足度を上げる方法としては、「わかりやすい説明」や「治療前後の効果がわかる」などが挙げられます。そのためには、幅広い知識と確かな技術力が必要になります。

IT技術を身につける

いくつかの職場を経験してわかったことですが、医療従事者はITにかなり疎いです。ですので、ここがそこそこ使えると重宝されます。

具体的には、職場のホームページを作成したり、SEO対策を実施することで集客能力を高める、小規模のデータベースを作って情報の共有化および作業の効率化をはかるなどです。

ここの責任者になっておくと、ほかにできる人がいないのでリストラされにくくなります。また、エクセルで簡単にできる統計方法なんかも知っていると重宝されるのでおススメです。

起業経営を勉強する

これが最も多彩なスキルを身につけられる方法だと思います。リハビリ職の起業は、その大半が「デイサービス」もしくは「整体院」だと思います。

本屋にある起業に関する本や「整体院を作ろう」とか「デイサービスを作ろう」とか書かれた本を数冊買って読めばわかりますが、そこまで難しいものではありません。

本当に難しいのは、そこから事業を軌道に乗せて、多角化やフランチャイズ化を進めていくことです。そこの域に達している人はかなりのスキルだと思います。

しかし、そうやって規模を拡大していく方向でやらないのであれば、どう考えても割に合わないのでやめた方がいいでしょう。

多くの職場を経験する

私は四回の転職経験がありますが、あらゆる職場を経験することは確実に仕事のスキルを向上させます。

私が若輩ながら通所リハの起ち上げや介護職員養成校の運営をさせていただけたのは、いろいろな経験をしていたからだと思います。

現在では、病院のホームページ作成やパンフレット作成、データベースの構築、マーケティング、データ分析など、本業とは少し離れたところでもスキルを身につけています。

これは、職場ごとに求められるスキルが違ったことが大きいです。

四度の転職経験からフリーランスになる

現在、私はサイト運営を中心にフリーランスとして活動できるまでになりました。

これは、あらゆる職場を経験してきたからこそ、ひとりでどうにか生きていけるようになったと思います。個人的には転職については推奨派です。

もちろん、今は辞めてすぐに次の職場が決まる時代でもありません。なので、もしも転職を考えているなら、あらかじめに目処を立てておくことが大切です。

転職サービスを利用しておくことで、その辺の融通はきかせてくれるので、今の職場に不満がある方や、別の職場で頑張ってみたい方はとりあえず登録しておくのもアリです。

【お薦め】理学療法士/作業療法士の転職はPT-OT WORK【お祝い金最大10万円】


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme