スポンサードリンク

筋・筋膜性腰痛症のリハビリ治療


筋・筋膜性腰痛症のリハビリ治療に関する目次は以下になります。

筋・筋膜性腰痛の概要

腰痛を起こしている原因が脊柱伸筋群や背部の筋膜に由来しているものを筋・筋膜性腰痛症と呼びます。

コンパートメント症候群と呼ばれることもあり、組織内圧が上昇することで血行障害を起こし、患部に痛みや疲労感が起こります。

筋肉の過緊張や浮腫、筋肉を包んでいる筋膜の硬さなどが影響を与えており、腰椎の後彎変形がある高齢者ほど起こりやすくなります。

また、腰の手術を受けて筋膜や脊柱伸筋群に侵襲を受けている人にも多く、筋肉に瘢痕化を起こしている場合も少なくありません。

筋・筋膜性腰痛の症状

痛みの主因は筋内圧の上昇に伴う血行障害であるため、臥位のように筋肉がリラックスした姿勢では痛みはありません。

痛みが起こる姿勢で多いのは立位であり、体幹を真っ直ぐと保持するために筋内圧は上昇するため、長く立てない、長く歩けないと訴えられます。

一度立ち止まって腰を反らすことで痛みが楽になるため、間欠性跛行に似た症状をとります。(脊柱管狭窄症の場合は腰を曲げたら楽になる)

前屈時に疼痛は出現し、座位では腰が曲がった姿勢を続けることで腰痛は暫時増加していきます。

腰部をマッサージすることで血行が良くなるため、一時的に腰が楽になった感じがしますが、すぐに元に戻るといった特徴があります。

筋肉のみを揉んでも筋膜の問題は解消されないため、完治を目指すためには筋膜に対してもアプローチしていくことが必要です。

筋膜の問題には、外傷や姿勢の崩れなどによって筋膜にねじれが生じてしまい、線維が高密度してしまった状態があります。

とくに体幹は身体の中心であり、多くの筋膜ラインが通過しているため、あらゆる場所からの影響を受けやすい部位になります。

それが結果的に腰部筋膜が外部に引っ張られてしまい、腰痛が起こりやすい理由につながっていきます。

トリガーポイントに由来した腰痛

筋・筋膜性の腰痛には、コンパートメント症候群の他にも、トリガーポイント(TP)と呼ばれる硬結部の形成による痛みがあります。

筋肉の中でも筋腱移行部が最も硬結部が発生しやすい箇所であり、とくに停止部付近が好発部位になります。

筋腱移行部は筋肉の収縮や伸張時に負荷がかかるポイントであり、引き寄せられる側である停止部はその傾向が顕著です。

そのため、トリガーポイントなどは筋腱移行部に発生しやすい傾向にあり、臨床上もとくに注目すべき部分になります。

また、硬結部は抗重力筋に出現しやすいため、脊柱起立筋や多裂筋、腸腰筋といった腰部周囲に発生することで腰痛を引き起こします。

痛みがトリガーポイントに由来している場合は、引き金となっている部位を指圧することで普段感じている痛み

を再現することができます。

腰部に関連痛を引き起こす筋肉は、①脊柱起立筋、②多裂筋、③腰方形筋、④腸腰筋、⑤梨状筋、⑥大殿筋などがあります。

筋肉の問題を取り除く方法

原因が過度な緊張にある場合は、軽い筋収縮や圧迫刺激(マッサージなど)を加えることでほとんどの場合は容易に緩みます。

緊張による痛みは筋内の血流障害に関係していますので、筋肉を緩めることで即時的に痛みを解消することができます。

攣縮についてはまず最初にアプローチすべきポイントであり、ここを解決しないことには硬結部や筋膜への問題に取りかかることはできません。

緊張が緩んだら筋肉を触診していき、硬結部や圧痛点がないかを丁寧に確認していきます。硬結部を発見したら漸増加圧法にて治療していきます。

漸増加圧法とは、硬結部を100-800gの力で30-120秒ほど圧迫し、抵抗が消失するのを感じたら、そこから更に中心に向かって圧を加えていきます。

また抵抗が感じられる部位まできたら、その位置で同様に圧迫を加えながらしばらく止め、効果が得られなくなるまで続ける方法です。

硬結部を効率的に見つけていくためには、各筋肉のどこに発生しやすく、どのような関連痛パターンを有するかを知っておく必要があります。

以下に腰痛を起こす筋肉のトリガーポイントと関連痛領域を掲示していきます。

①脊柱起立筋

脊柱起立筋は、①頸腸肋筋、②胸腸肋筋、③腰腸肋筋、④頭最長筋、⑤頸最長筋、⑥胸最長筋、⑦頸棘筋、⑧胸棘筋の8つの筋肉から構成されています。

その中でも、骨盤に付着している腰腸肋筋と胸最長筋が腰痛の原因となりやすい筋肉になります。下図は腰腸肋筋です。

腰腸肋筋|後面

腰腸肋筋におけるTPの好発部位は赤バツ部分(停止部付近)で、関連痛領域は筋腹から殿部にまで生じます。

腸肋筋,関連痛,トリガーポイント,痛み,部位 脊柱起立筋,トリガーポイント,関連痛,痛み,部位

腰腸肋筋と並んで重要なのが胸最長筋です。これらの筋肉は浅層を広背筋が走行しているため、アプローチする際は広背筋の上からになります。

胸最長筋|後面

胸最長筋のTPは下図になります。赤バツはTh11、青バツはL1付近にあり、殿部後方から仙腸関節あたりに痛みを引き起こします。

最長筋,トリガーポイント,関連痛,痛み,部位

②多裂筋

多裂筋は脊柱起立筋の深層に位置する長い筋肉で、細かい筋が重なって回旋筋を覆うように走行しています。

腰椎下部では多裂筋の占める割合のほうが大きく、腰痛の原因となります。どちらかといったら、疲労や痛みにて攣縮を起こしている場合が多い筋肉です。

多裂筋|後面

慢性腰痛患者では多裂筋が有意に萎縮しており、臥床時の萎縮傾向も脊柱起立筋と比較して起こりやすいことがわかっています。

多裂筋のTPは点在している場合が多く、あまり広範囲でないのが特徴です。そのため、腰痛は下位腰椎に絞ってから確認していきます。

多裂筋,トリガーポイント,痛み,部位,関連痛 多裂筋,トリガーポイント,痛み,部位,関連痛,前面

③腰方形筋

腰方形筋は腰椎の両側にある長方形の深層筋で、後面は広背筋や脊柱起立筋に覆われています。

左右で骨盤の高さが違うという方が時々おられますが、腰方形筋が短縮している場合がしばしば認められます。

腰方形筋|正面

腰方形筋のTPはふたつあり、それぞれ圧痛部よりも下方の殿部に関連痛が生じるのが特徴です。

施術の際はベッドで側臥位となってもらい、下側の横腹あたりに枕を置き、さらに下肢を伸展・内転、上肢を外転させて腰方形筋を触知しやすい状態にします。

腰方形筋は深い位置にあるため、グーを握った状態で指関節などを用いて、ゆっくりと深く入れて押し込みながら確認していきます。

腰方形筋,トリガーポイント,痛み,関連痛領域

④腸腰筋

腸腰筋は骨盤前面深層に位置する筋肉で、①大腰筋、②腸骨筋、③小腰筋の総称を指します。

大腰筋は脊椎と下肢をつなげる唯一の筋肉で、腰椎前弯の保持にも貢献しています。そのため、筋萎縮が進行すると姿勢の崩れなどを引き起こします。

腸腰筋①

腸腰筋のTPはいくつか存在しており、関連痛も腰部、臀部、仙腸関節、大腿前部から前内側までと幅広く出現します。

腸腰筋の中でも大腰筋は腰椎に付着部を持っており、腰痛を引きこしやすい部位です。触知する際は腹筋群の上から腸を押しのけつつ深く押圧します。

体幹の前側に位置する筋肉であるため、腰痛の原因としては見落とされやすい傾向にあるので、注意して観察しておく必要があります。

腸腰筋,トリガーポイント,痛み,関連痛 腸腰筋,トリガーポイント,痛み,関連痛,腰部,背面

⑤梨状筋

梨状筋は殿部深層に位置する筋肉で、しばしば過度な緊張によって下方を通過する坐骨神経を圧迫し、痛みやしびれを起こす原因となります。

梨状筋|後面

梨状筋のTPは起始付近と停止付近に2カ所あり、関連痛は仙骨の外側縁と殿部の下外側面、大腿後面に起こります。

人体最大の単一筋である大殿筋に表層が覆われていますので、触知していく際は大殿筋を緩めた状態で深く押圧しながら確認していきます。

梨状筋,トリガーポイント,痛み,部位,関連痛領域

⑥大殿筋

大殿筋は単一筋としては人体最大であり、中殿筋や梨状筋を覆っています。

殿筋群はヒトが進化する過程で発達したとされ、特に片脚立ちでの貢献度が高く、歩行にて重要な役割を担っています。

大殿筋|後面

大殿筋のTPはいくつか存在しており、関連痛は殿部全体、場合によっては大腿後面にかけて拡がります。

腰痛というよりは殿部痛にちかいのですが、殿部の痛みもしばしば「腰痛」と訴えられることが多いので含めています。

大殿筋,トリガーポイント,痛み,部位,関連痛領域

TP治療後は筋膜リリースを実施

筋肉へのアプローチが終了したら、次に筋膜のねじれをリリースしていきますが、実際にねじれているかは1㎜以下の世界なので触知は困難です。

客観的に評価をするなら体幹を前屈したり、回旋させる動作をしてもらい、運動方向の制限を確認していきます。

その後、筋肉の問題が起こっていた部位の表層を覆っている深筋膜を障害部位と仮定し、制限がある方向へ軽い圧迫と伸張を加えていきます。

時間にして90-180秒ほどの伸張を加え、バターが溶けるような感覚を味わうことができたらリリースが完了です。

実際にその方向で痛みの緩和があるようなら、その方向での筋膜ストレッチを指導していき、効果を持続できるようにしていきます。

腰痛に対する筋膜ストレッチは主にふたつあり、ひとつは長坐位からの体幹前屈運動で、足底は壁などにつけて足関節が底屈しないようにします。

その状態から体幹を前屈していき、さらに頭部を屈曲することで背面全体を直行する筋膜を効果的に伸張することができます。

もうひとつは斜めに走行するスパイラルな筋膜であり、こちらは上半身と下半身を回旋させるようにして伸張していきます。

方法として、立位にて左脚を前に出し、右手はテーブルに置きます。左手を挙げて天井方向に伸ばしていき、左側に身体をまわしていきます。

そこからさらに伸ばすには、右肘を曲げて前腕部をテーブルにつけ、さらに身体をねじっていくようにしていきます。

筋膜ストレッチは筋膜リリースと同様に90-180秒ほど無理のない範囲でじんわりと伸張することで効果を発揮できます。

おわりに

腰痛は筋肉や筋膜以外にも様々な原因によって起こっているため、これだけですべてが解決するというわけにはいきません。

ですが、原因部位を絞っていくためにも触診や動きを確認することは重要であり、実施前後の比較は有用です。

腰痛の多くは複合的に問題が絡み合って出現していますので、どこが主因かを見つけていき、根本的な解決と再発予防につとめてください。

お勧めの書籍(Amazon)

私が執筆している腰痛症の治療に関する書籍も出版されていますので、腰痛について深く理解したい場合は、是非ともご購入を検討してみてください。


お勧めの記事はコチラ

収入をアップするための情報はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme