筋膜マニピュレーションの方法と効果

vc

筋膜マニピュレーションの方法と効果について、わかりやすく解説していきます。

筋膜の概要

筋膜は厳密にいうと5つ存在していますが、筋膜マニピュレーションの主な対象は「深筋膜」になります。

①浅筋膜 皮下組織の中に存在して全身を覆う最も浅層の筋膜
②深筋膜 複数の筋肉を連結して全身を覆う膜
③筋外膜 複数の筋周膜を包んで筋肉を覆う膜
④筋周膜 複数の筋内膜を包む膜
⑤筋内膜 複数の筋原線維を包む膜

深筋膜は各筋肉を連結しながら全身を覆っている組織で、筋線維の約37%は深筋膜に入り込んでいます。

そのため、深筋膜の一部にゆがみ(高密度化)が生じると、離れた部位に伸張ストレスが加わることで痛みが波及することになります。

深筋膜が硬くなる(高密度化する)場所は全てのヒトでほぼ等しく決まっており、これを東洋医学で経穴やツボと呼んだりもします。

このツボが腰痛に効くとか膝痛に効くなど言ったりもしますが、それはデタラメなことを言ってるわけではなく、筋膜で説明が付くわけです。

筋膜と関連痛の簡易図

浅筋膜(皮下筋膜)

浅筋膜は皮下組織の中に存在しており、皮下筋膜とも呼ばれ、血管が存在しない透明で弾力性のある疎性結合組織で構成されています。

深筋膜と浅筋膜の移行領域は固有受容性神経終末が高密度に存在しており、赤筋の約10倍ともいわれています。

そのため、筋膜は人体の中でも有数の感覚器官になります。

深筋膜(腱膜筋膜)

深筋膜は浅筋膜のすぐ下に存在しており、浅筋膜と同じく疎性結合組織で構成され、筋を連結しながら全身を覆っています。

厚さは約1㎜で、斜め・縦・横方向の3層構造になっていて、各層の間にヒアルロン酸が分布していることで滑らかな動きを実現しています。

深筋膜には筋外膜から筋線維の一部が入り込んでいるため、どちらか一方に障害が起こると問題が派生していくことになります。

深筋膜は基本的に丈夫な構造ではありますが、一度歪みが生じると治りが悪く、離れた部位にまで影響を与えます。

筋外膜

筋実質を包んでいる膜で、厚さは平均で0.3㎜ほどです。

筋外膜は筋肉の中に入り込んで筋束を包む筋周膜と連結し、さらに筋周膜は筋の束に入り込んで筋線維を包む筋内膜とも連結します。

筋膜の構成組織

筋膜はコラーゲン(膠原)線維と少量のエラスチン(弾性)線維から構成されています。

膠原線維は自在に形を変えることができ、弾性線維はゴムチューブのように伸び縮みできる作用があり、ふたつが協力することで自在に形を変化できます。

筋膜の構造|コラーゲン線維とエラスチン線維

筋膜マニピュレーションの目的は、交差した膠原線維と弾性線維がからみついた状態(高密度化)を解きほぐすことにあります。

筋肉をひとつの動きで捉えるのは時代遅れ

従来では、筋から腱を通じて骨へ力が直接的に伝わるように考えられてきましたが、実際は筋肉の収縮力は筋膜上を介して伝えられています。

そのため、筋膜に覆われている組織すべてに収縮力は伝わることになり、単純に個別な筋肉の運動だけで捉えることはできません。

ジャンプする動作を例にしてみても、個別の筋線維の収縮だけによるものではなく、筋膜連結による弾性反動特性に依存しています。

筋膜のつながりについて理解する

筋膜には6つの基本的な繋がり(一方向性の分節運動)があり、①前方、②後方、③内方、④外方、⑤内旋、⑥外旋の運動に働きます。

下図は前方運動の筋膜配列になりますが、腕や足を前方に動かしたり、身体を曲げるときに作用します。

前方の筋膜のつながり

黄色の✕印は前方運動の「協調中心(CC:centre of coordination)」で、筋力のベクトルが収束する深筋膜上の明確な点(ツボ)になります。

協調中心は高密度化を起こしやすい部位であり、この高密度化した部位を効果的に解きほぐす治療法が筋膜マニピュレーションです。

また、前述した基本となる6方向の筋膜配列に加えて、4方向の対角線の繋がり、4方向の螺旋の繋がりも存在します。

対角線と螺旋の動きは、基本となる6方向の筋膜配列による複合運動であり、2方向の筋膜配列から形成されています。

その2つの筋力のベクトルが収束する深筋膜上の明確な点を「融合中心(CF:centre of fusion)といいます。

融合中心は協調中心と比較して高密度化する範囲が広いため、筋膜マニピュレーションではなく、治療法を筋膜モビライゼーションと表現されます。

融合中心と協調中心の高密度化が存在する場合は、融合中心からアプローチするほうが効果を出しやすい傾向にあります。

その後に協調中心にアプローチするようにし、各筋肉の高密度化している深筋膜を解きほぐすようにしていきます。

筋膜マニピュレーションの方法と効果

治療対象となる深筋膜の厚さは約1㎜で、斜め・縦・横方向の3層構造になっており、それぞれの方向へ柔軟に動きます。

しかし、高密度化(膠原線維と弾性線維がからみついた状態)が起きていると、その部位の筋膜に硬さと滑りにくさが感じられます。

その高密度化した部分を効果的に解きほぐすことができる方法が筋膜マニピュレーションであり、筋膜の構造に着目した治療法になります。

方法としては、硬くて鋭い圧痛のある協調中心に対して、垂直方向に圧迫を加えた状態で上下・左右・斜めと細かく動かして滑走を促します。

痛みは10段階で7〜8ほどで訴える場合が多く、その痛みが半減するまで筋膜マニピュレーションを継続していきます。

通常は約4分ほどで半減し、手にも筋膜が緩んだ感覚が伝わってくるので、それが終了の合図になります。

筋膜マニピュレーションの治療効果の図解

治療効果が得られない例としては、高密度化している部位から圧迫がずれている場合がほとんどで、その際は無駄にもみ返しが起きるだけです。

高密度化しているポイントから1㎝でもずれていたら失敗するので、必ず最も圧痛が強く、硬さを感じられる部位を治療するようにしてください。

正しく治療できている場合は、治療直後に症状が一時的に改善し、そこから2日ほどの炎症が起きて痛みます。

4日後には炎症が落ち着いて筋膜の高密度化も解けた状態なので、以前よりもかなり軽くなっているはずです。

深筋膜の滑走不全による問題

そもそも深筋膜に高密度化が生じたら「なにが問題なのか?」ですが、以下のことが考えられます。

  1. 伸張時痛
  2. 収縮時痛
  3. 筋出力の低下
  4. 不良姿勢 etc.

おわりに

筋膜マニピュレーションという手技は学ぶことが必須といえるほど治療で役立つので、興味を持った方は是非とも勉強してみてください。

冒頭で掲載したのは理論編ですが、すぐに治療で役立てたい場合は協調中心と融合中心をまとめてくれている実践編がお薦めです。

値段はかなり高いですが、具体的な治療方法が多くの写真と共に書かれており、確実に効果が出ますので持っておいて損はありません。


他の記事も読んでみる

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme