スポンサードリンク

筋膜マニピュレーションの方法と効果について解説


筋膜マニピュレーションの方法と効果について、わかりやすく噛み砕いて解説していきます。

筋膜の概要

筋膜は厳密にいうと5つ存在していますが、筋膜マニピュレーションの対象は深筋膜になります。

①浅筋膜 皮下組織の中に存在して全身を覆う最も浅層の筋膜
②深筋膜 浅筋膜の下に位置して筋を連結して全身を覆う膜
③筋外膜 複数の筋周膜を包んで筋肉を覆う膜
④筋周膜 複数の筋内膜を包む膜
⑤筋内膜 複数の筋原線維を包む膜

深筋膜は各筋肉を連結しながら全身を覆っている組織で、筋線維の約37%は深筋膜に入り込んでいます。

そのため、深筋膜の一部にゆがみ(高密度化)が生じると、離れた部位の関節に痛みが生じることになります。

なぜ関節が痛くなるかというと、深筋膜と筋肉は連結し、筋肉と関節は連結しているため、深筋膜が硬いと関節包に伸張ストレスが加わるからです。

深筋膜が高密度化する場所はすべての人でほぼ等しく決まっており、これを東洋医学で経穴やツボと呼んだりもします。

このツボが腰痛に効くとか膝痛に効くとか言ったりもしますが、これはでたらめなことを言ってるわけではなく、筋膜で説明が付くわけです。

筋膜の知識がない人や東洋医学に否定的なセラピストは懐疑的だと思いますが、実際に体験すると除痛効果の高さに驚くはずです。

筋膜と関連痛の簡易図

筋膜マニピュレーションの方法と効果

治療対象となる深筋膜の厚さは約1㎜で、斜め・縦・横方向の3層構造になっており、それぞれの方向へ柔軟に動きます。

しかし、高密度化(膠原線維と弾性線維がからみついた状態)が起きていると、その部位の筋膜に硬さと滑りにくさが感じられます。

その高密度化した部分を効果的に解きほぐすことができる方法が筋膜マニピュレーションであり、筋膜の構造に着目した治療法になります。

方法を簡潔に書くと、硬くて圧痛のあるツボに対して徒手圧迫を加えながら上下・左右・斜めに細かく動かしていくだけです。

痛みは10段階で7〜8ほどで訴える場合が多く、その痛みが半減するまでマニピュレーションを継続していきます。

通常は約4分ほどで半減し、手にも筋膜が緩んだ感覚が伝わってくるので慣れてきたらそれほど難しい作業ではありません。

筋膜マニピュレーションの治療効果の図解

治療効果が得られない例としては、ツボから圧迫がずれている場合がほとんどで、その際は無駄にもみ返しが起きるだけです。

高密度化しているポイントから1㎝でもずれていたら失敗するので、必ず最も圧痛が強く、硬さを感じられる部位を治療するようにしてください。

圧迫することで本来の痛みがある関節まで響くような感覚を訴えた場合、そこが間違いなく原因部位なので入念に行うようにお願いします。

筋膜のつながりについて理解する

筋膜には6つの基本的なつながりがあり、①前方、②後方、③内方、④外方、⑤内旋、⑥外旋の運動に働きます。

下図は前方のつながりですが、前方の運動とは腕や足を前方に動かしたり、身体を曲げるときに作用します。

前方の筋膜のつながり

黄色のバツ印が圧痛点になるのですが、筋膜マニピュレーションの手技ではこれを協調中心と呼んでいます。

筋肉が収縮したときは筋腹を中心として膨隆していきますが、これが運動を基準としたときの筋膜上の協調する場所だと理解してください。

実際は先ほどの6方向に加えて、斜め方向の動きもありますので、4つの斜め方向のつながり(対角線)も存在します。

また、人は身体をねじりながら効率的に歩いたり、ボールを投げたりしていますので、螺旋状の運動筋膜も4つ含まれます。

対角線の筋膜と螺旋の筋膜は、前述した基本の6つの方向に動く筋膜が複合しながら起こる動きになります。

そのため、2つの協調中心から新たな複合された中心ができることから、対角線と螺旋に関しては融合中心といった表現をします。

筋膜マニピュレーションでは、これらの協調中心と融合中心で高密度化している部分を解きほぐすことが必要となってきます。

協調中心と融合中心の治療例

膝蓋骨周囲に痛みを起こす圧痛点

筋膜が原因となっている痛みでは、受傷機転がない場合が多く、炎症症状などを伴わずに長期にわたって痛みを有しています。

上図は膝関節前面(膝蓋骨周囲)に痛みを訴える場合に、高密度化が起きている可能性の高い協調中心と融合中心を示した写真です。

左図は前方運動を担う筋膜の流れに存在する協調中心で、筋膜の高密度化が存在すると激しい圧痛と硬さ、滑りの悪さを確認できます。

右図は前方運動と外方運動の間の動きを担う筋膜の流れに存在する融合中心で、こちらも筋膜の高密度化が存在すると強い圧痛を訴えます。

これまでの臨床経験では、大腿直筋の外側(赤丸部分)に筋膜マニピュレーションを加えることで膝痛が改善する場合が多いです。

正しく治療できている場合は、治療直後に症状が一時的に改善し、そこから2日ほどの炎症が起きて痛みます。

4日後には炎症が落ち着いて筋膜の高密度化も解けた状態なので、以前よりもかなり軽くなってくるはずです。

おわりに

筋膜マニピュレーションという手技は学ぶことが必須といえるほど治療で役立つので、興味を持った方は是非とも勉強してみてください。

冒頭で掲載したのは理論編ですが、すぐに治療で役立てたい場合は協調中心と融合中心をまとめてくれている実践編がお薦めです。

値段はかなり高いですが、具体的な治療方法が多くの写真と共に書かれており、確実に効果が出ますので持っておいて損はありません。

ひとつ上の治療家を目指して、皆さんも技術の研鑽に励んてみてください。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme