vc

肋骨骨折のリハビリ治療

肋骨骨折のリハビリ治療に関する目次は以下になります。

肋骨骨折の概要

肋骨骨折(fracture of the rib)は、日常的によく認められる骨折で、全骨折の約10%にもなるといわれています。

受傷機転は直達外力や介達外力がほとんどですが、その他にも筋収縮力によるものや疲労性の骨折もあります。

好発部位は第5-9肋骨乳頭線上から前腋窩線上の骨部に60%、それより後方で30%に発生します。肋軟骨部に発生する場合は少ないです。

直達外力による肋骨骨折

骨折部に直接的な外力が加わることで折れる場合を指します。

骨折部の尖端が内方に向かうため、胸膜や肺を損傷することが多く、生命の危険にさらされる場合もあります。

肋骨骨折|直達外力

介達外力による肋骨骨折

骨折部に間接的な外力が加わることで折れる場合を指します。直達外力とは異なり、最も弯曲が強い部位で骨折が起こりやすい傾向にあります。

骨折部の尖端が外方に向かうため、胸膜や肺を損傷することは少なく、生命の危険にさらされる危険性は高くありません。

肋骨骨折|介達外力

筋収縮による肋骨骨折

骨の脆弱性が認められる高齢者などでは、くしゃみや咳などにより、肋間筋が急激な収縮を起こすことで肋骨が折れる場合があります。

中年期以降の初心者ゴルファーにも発生頻度が多く、スウィング時の筋収縮が関わっています。

内肋間筋

肋骨骨折の症状

肋骨に骨折がある場合は、深呼吸や咳で痛みが誘発されます。また、骨折部に限局した圧痛を認めます。

前述した図のように、直達外力の場合は前後に骨隆起、側部に陥没が出現します。介達外力の場合は側方に隆起および陥没が認められます。

第1肋骨骨折の場合は、鎖骨上窩に圧痛、運動時に上肢や頚部の痛みやしびれ感が起こります。

肋骨骨折|直達外力2

肋骨に付着する筋肉について

肋骨に付着する筋肉が収縮することにより、痛みや離開が生じることになるので、骨折部位と筋肉の関係は確認しておくことが大切です。

起始する筋肉
大胸筋胸肋部、前鋸筋、小胸筋、鎖骨下筋、外腹斜筋、頸腸肋筋、胸腸肋筋、外肋間筋、内肋間筋、横隔膜肋骨部、広背筋肋骨部、腹横筋、胸骨舌骨筋、胸骨甲状部
停止する筋肉
外肋間筋、内肋間筋、胸腸肋筋、腰腸肋筋、上後鋸筋、下後鋸筋、前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋、内腹斜筋上部、胸最長筋外側部、腹直筋、腰方形筋

※赤文字の筋肉は起始・停止の一部のみを肋骨にもつ

肋骨骨折の合併症

肋骨骨折で重要なことは骨折そのものではなく、骨折によって生じる合併症(気胸や血胸)を見逃さないことです。

気胸とは、骨折部が肺に突き刺さって穴が開いた状態で、軽症であれば放置で治りますが、重度の緊張性気胸の場合は死に至る可能性もあるので注意を要します。

息苦しさがある場合は気胸が起きている可能性があるので、検査にて確認することが必要です。

血胸とは、肺に出血が生じた状態で、時間の経過とともに悪化することがあるため、徐々に胸の苦しさが増してしまうようなら疑われます。

肋軟骨損傷との鑑別

肋軟骨に損傷が起きている場合はX線撮影ではわからないため、症状の強さと圧痛の場所で鑑別する必要があります。

症状が強ければバストバンドを着用することもありますが、通常は1ヶ月以内に疼痛は緩和します。

もうひとつ肋骨骨折と鑑別すべき疾患に帯状疱疹がありますが、こちらは誘因なく疼痛が発症し、数日してから皮疹を認めることになります。

肋骨骨折との鑑別ポイントとして、肋骨に圧痛はなく、神経支配に沿った一定範囲の痛みを認めます。

肋骨骨折の治療

保存療法にて局所の固定が原則であり、バストバンドやさらし布固定が適用され、呼気時に圧迫しながら装着します。

通常、骨癒合は三週間で完了し、癒合が進むにつれて痛みも軽減していきます。リハビリの処方が出ることはほとんどありません。

除痛目的にホットパックなどの使用などが実施される場合もあります。

骨癒合までは深呼吸による骨折部の離開を防いでいるため、装具除去後は徐々に深呼吸ができるように誘導していきます。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme