首コリ(筋・筋膜性頸部痛)のリハビリ治療

vc

筋・筋膜性頸部痛のリハビリ治療について解説していきます。

首コリの概要

頚部痛の原因は大きく分けると、①筋・筋膜性疼痛、②椎間板症、③椎間関節障害の3つに分類できます。

筋・筋膜性頸部痛は首コリ(または肩コリ)とも呼ばれ、頸肩部周囲の慢性的な筋肉の緊張状態をいいます。

筋肉の過緊張が問題であるなら重だるさを感じる程度ですが、深筋膜に問題が生じていると強い痛みを訴えることになります。

補足ですが、腰部では椎間板が原因の腰痛が多いですが、頚部では椎間板が原因の頚部痛はあまり多くはありません。

その理由として、第3~7頸椎の椎体上面では側縁が上方に盛り上がった鈎状突起を有しており、上位椎体とルシュカ関節を構成しています。

ルシュカ関節があることで構造的に椎間板が潰れにくくなっており、ルシュカ関節が存在しない腰椎よりも疼痛を起こしにくくなっています。

首コリの原因となりやすい筋肉

頚部痛を起こす可能性の高い筋肉について、以下に掲載していきます。

①僧帽筋上部線維

僧帽筋上部線維は非常に硬くなりやすい筋肉のひとつであり、頚部痛や頭痛、背部痛などを引き起こします。

頭部前方姿勢のヒトでは、筋の前縁が硬くなっているケースが多いので、前縁を後方に引くようにアプローチすると効果を得られやすいです。

②肩甲挙筋

肩甲挙筋は僧帽筋と同時にトリガーポイントを形成していることが大奥、頚部や肩甲骨内側縁、上肢尺側に痛みが放散します。

上肢の神経根根障害と似た症状を訴えますが、明確な知覚障害は認められないことが特徴です。

③後頭下筋群

後頭下筋群もトリガーポイントが形成されやすい筋肉のひとつであり、後頭痛を引き起こす原因になります。

後頭下筋群は目を強く開く動作で収縮するため、視力障害がある人でモノをよく見ようとする動作の際に無意識に使用しています。

筋肉が硬くなりやすい姿勢

僧帽筋上部線維が硬くなりやすい不良姿勢として、ロードシス(軍隊姿勢)があります。

ロードシスは緊張姿勢とも呼ばれており、スウェイバックのような弛緩姿勢とは反対に筋緊張が高い状態であることが多いです。

そこに頭部前方位姿勢が存在すると、頭部の重量を支えるために頭部後面や背部の筋活動が高まることにつながります。

筋肉は緊張状態(低強度・長時間の筋収縮)が続くと、アセチルコリンの放出増加・筋の虚血状態・低酸素症・ATP産生不足を引き起こします。

その結果、筋節の拘縮が発生し、さらに拘縮状態が侵害受容器を興奮させることで疼痛を発生させます。

肩こりを軽減する簡単な方法

肩こり者の多くは、姿勢を保持するために筋肉を過剰に使用しており、普段の生活動作から常に僧帽筋上部が緊張している状態にあります。

両僧帽筋上部に筋電図を装着して窓ふきを実施してもらった実験では、窓を拭く側だけでなく、使っていない側の僧帽筋にまで収縮が起きていることが報告されています。

要するに、肩こりがない側の腕を使って作業をすると、知らない間に反対側にも負担がかかっているということになります。

これは筋膜上で両僧帽筋が繋がっているため、筋膜上のどこかに滑走不全が起きており、対側に影響を与えていることが原因です。

右の僧帽筋上部を圧迫すると左手に響く(痺れる)という訴えは臨床をしているとよく聞かれますが、これも筋膜の繋がりによるものです。

肩こりを根本的に治していくためには滑走不全を改善させる必要がありますが、それには一定の知識と技術が必要になります。

そのため、誰でもひとりで簡単に効果を出せる方法として、主要姿勢筋がリラックスした時間を作る方法が推奨されます。

その最も簡単な方法は「昼寝」をすることであり、臥位になると主要姿勢筋の緊張もなくなるので、僧帽筋上部は完全にリラックスできます。

時間は15分程度で効果があり、一日のなかで筋肉が休息できる時間を設けることは非常に大切な要素といえます。

慢性的に肩こりにある人が、長期連休などで症状が一時的に改善するケースは多いですが、それは僧帽筋上部の緊張時間が減ったためです。


他の記事も読んでみる

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme