【専門職向け】胸最長筋のトリガーポイントと腰痛症

この記事では、胸最長筋(longissimus thoracis)に関する充実したデータを閲覧できます。

胸最長筋の概要

胸最長筋の起始停止

胸最長筋は広背筋や下行胸筋の深層を走行しながら、骨盤から中下位胸椎(肋骨)に停止しています。

8つの筋肉から構成される脊柱起立筋のひとつであり、脊柱起立筋群の中で最大の筋になります。

外側の筋線維は肋骨に、内側は胸椎と腰椎に停止しており、主に胸腰椎の伸展と側屈の作用を持ちます。

基本データ

支配神経 脊髄神経の後枝
髄節 C2(又は1-L5
起始 仙骨、腰椎の棘突起、下位腰椎の横突起
停止 ①内側:腰椎の副突起、胸椎の横突起

②外側:腰椎の肋骨突起、肋骨、胸腰筋膜の深葉

栄養血管 外側仙骨動脈
動作 胸腰椎の伸展,側屈(同側)

運動貢献度(順位)

貢献度

体幹伸展

1 脊柱起立筋
2 腰方形筋
3 半棘筋
4 多裂筋

胸最長筋の触診

自己触診:胸最長筋

胸最長筋は、脊柱起立筋の収縮時に最も膨隆した部分として観察が可能です。

脊柱起立筋の解剖学的境界を触診することは困難であるため、その特徴を踏まえて触れていくことが大切です。

トリガーポイントと関連痛領域

胸最長筋の痛み(関連痛)はトリガーポイントの位置で変化し、胸腰椎移行部の頭側では背部に放散し、尾側では腰臀部に放散します。

深層の多裂筋と共にトリガーポイントを複数形成することが多いため、治療では圧痛点をひとつずつ治療していくことが必要です。

中位腰椎の多裂筋と脊柱起立筋との割合は1:1であるのに対し、下位腰椎では多裂筋が80%を占めています。

胸最長筋(脊柱起立筋)はアナトミートレインの中で、SBL(スーパーフィシャル・バック・ライン)の筋膜経線に属しています。

このラインは身体の前屈運動をコントロールするように制限しているため、硬さが生じると柔軟性を失うことになります。

ストレッチ方法

胸最長筋のストレッチング

椅子に腰かけて下肢を肩幅よりやや大きく開きます。

その姿勢から体を前側方に倒しながら、上肢を遠位の地面に向かって伸ばしていきます。

筋力トレーニング

胸最長筋の筋力トレーニング

立位にて片脚を後ろに引き、前方の下肢を屈曲させていきながら重心を前方に移します。

その状態で脊柱を反らしていくことで、胸最長筋を中心とした脊柱起立筋を収縮させることができます。


vc

他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

ピックアップ記事

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme