腓腹筋

この記事では、腓腹筋(gastrocnemius)に関する充実したデータを閲覧できます。

腓腹筋の概要

腓腹筋の起始停止

腓腹筋は下腿後面表層に位置する筋肉で、語名はgastro(胃:腹)とcnemius(脛)から構成されています。

膝関節と足関節をまたぐ二関節筋であるため、足関節の底屈と膝関節の屈曲に作用します。(ヒラメ筋は足関節の底屈のみ)

ヒラメ筋と比較して日常生活(歩行)ではあまり使用されず、走るなどの緊急時に使用される筋肉であるため、白筋線維の割合が高いです

安静臥床時は白筋線維よりも赤筋線維のほうが急激に萎縮をきたすため、赤筋線維が豊富なヒラメ筋よりも萎縮しにくい筋肉ともいえます。

基本データ

支配神経 脛骨神経
髄節 S1-2
起始 ①外側頭:大腿骨の外側上顆

②内側頭:大腿骨の内側上顆

停止 踵骨隆起
動作 足関節の底屈、膝関節の屈曲
筋体積 322
筋線維長 5.0
速筋:遅筋(%) 51.848.2

運動貢献度(順位)

貢献度

足関節底屈

膝関節屈曲

1 ヒラメ筋 半膜様筋
2 腓腹筋 半腱様筋
3 長腓骨筋 大腿二頭筋
4 腓腹筋

※足関節底屈に対する腓腹筋の貢献度はヒラメ筋よりも低い

下腿三頭筋の概要

下腿三頭筋2

下腿三頭筋は腓腹筋とヒラメ筋の総称で、ふたつの筋は踵骨隆起に停止する際にアキレス腱を形成します。

アキレス腱は人体で最も強靱かつ太い腱であり、長さは約15㎝ほどです。

持久力が必要な歩行にはヒラメ筋が、瞬発力が必要な走行には腓腹筋が活躍します。

腓腹筋の触診方法

腓腹筋

写真では、膝関節伸展位での足関節底屈運動にて、腓腹筋外側頭の収縮を触知しています。

下腿の断面図

下腿中央の断面図|腓腹筋

下腿中央を断面でみた場合、腓腹筋は外側に位置してヒラメ筋を囲い込んでいることがよくわかります。

ヒラメ筋の奥には強力な筋膜が張っており、さらに奥には後脛骨動静脈が通過しています。

そのため、下腿三頭筋(とくにヒラメ筋)が収縮することで後脛骨静脈の血流が促進され、浮腫などの予防につながります。

ストレッチ方法

腓腹筋のストレッチング

膝関節伸展位で台(本など)に足先を乗せて足関節を背屈させます。

下腿を内旋することで腓腹筋内側頭を、外旋すること腓腹筋外側頭を選択的に伸張することができます

筋力トレーニング

腓腹筋の筋力トレーニング

立位の姿勢をとり、背伸びをするように踵を上げていきます。腓腹筋は二関節筋ですので膝関節伸展位にて実施します。

アナトミートレイン:SBL

腓腹筋:筋膜:SBL

腓腹筋はアナトミートレインの中で、SBL(スーパーフィシャル・バック・ライン)に繋がっています。

SBLは臨床的にも重要な筋膜で、歪みが生じることで腰痛や腓返り(腓腹筋の筋痙攣)を引き起こします。

とくに腓腹筋や仙結節靭帯の部分で硬くなりやすいため、しっかりとほぐすことが治療には必要となります。

圧痛点と関連痛領域①:腓腹筋外側頭

腓腹筋の圧痛点と関連痛領域

腓腹筋は足関節底屈に作用するため、後方運動配列の筋膜に属します。

圧痛点(トリガーポイント)は主に腓腹筋外側頭の筋腹に出現しやすく、関連痛は腰部や足関節後方に出現します。

腓腹筋は筋痙攣の好発部位であり、その原因のひとつに後方運動配列障害が大きく影響しています。

圧痛点と関連痛領域②:腓腹筋内側頭

腓腹筋の圧痛点と関連痛領域2

腓腹筋内側頭は内方運動配列の筋膜に属します。

圧痛点は腓腹筋内側頭とヒラメ筋の間(筋腱間接合部)に出現しやすく、関連痛は足関節内方に出現します。

このラインに問題が生じると、腓腹筋内側頭の筋痙攣や足関節内反捻挫を引き起こす原因となります。

歩行時の筋活動

ヒラメ筋の歩行時の筋活動

腓腹筋は立脚中期(MSt)ら立脚終期(TSt)にかけて活動します。

MStは遠心性の収縮によって足関節を安定させ、TStは最後の一瞬だけ蹴り出すようにして求心性に収縮(プッシュオフ)します。

前述したように、歩行時の筋活動で重要なのはヒラメ筋であり、腓腹筋は走行時などの強い収縮が必要な場面で活躍します。

歩行の筋活動|腓腹筋|push-off|

関連する疾患

  • アキレス腱断裂
  • アキレス腱周囲炎
  • 腓腹筋肉離れ etc.

他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

セラピストが副業で稼ぐ方法

vc

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme