vc

足底筋

この記事では、足底筋(plantaris)に関する充実したデータを閲覧できます。

足底筋の概要

足底筋の起始停止

足底筋は、足関節の底屈に作用する筋肉です。とても細長い筋肉であり、その作用は無視できるほどに僅かなものです。

腓腹筋とヒラメ筋の間に存在しますが、時には欠如することもあり、ヒトによっては二重に存在しています。

短い筋腹のあとに長く細い腱が続いており、踵骨に付着します。

基本データ

支配神経 脛骨神経
髄節 S1-2
起始 腓腹筋の外側頭(大腿骨外側上顆)の上
停止 踵骨腱(アキレス腱)を介して踵骨隆起に停止
動作 足関節底屈(わずか)

膝関節屈曲(弱い副次的作用)

血管支配 外側下膝動脈
筋連結 大腿筋膜張筋、膝窩筋、腓腹筋、ヒラメ筋、長腓骨筋

運動貢献度(順位)

貢献度

足関節底屈

膝関節屈曲

1 ヒラメ筋 半膜様筋
2 腓腹筋 半腱様筋
3 長腓骨筋 大腿二頭筋
4 腓腹筋

※足底筋の運動への貢献度は非常に低いです。

足底筋の触診方法

足底筋

足底筋の筋腹は膝窩部にて、腓腹筋外側頭のすぐ内側に手を当て、足関節の底背屈を繰り返すことで収縮を触知できます。

この触診部位ではすぐ内側に脛骨神経が走行しているため、強く圧迫すると脛骨神経領域に痺れが生じます。

足底筋の存在意義について

関節運動への貢献度も低く、欠如している場合もある足底筋ですが、その存在意義はどこにあるのでしょうか。

サルの足底筋はヒトより発達しており、機能的にも十分な役割を担っています。

それは、サルはヒトよりも地面を蹴る動作がより重要であることを意味しています。

歩く機会が少なくなってきた現代人においては、その存在意義を失って退化してしまっていますが、足底筋が肥大化する場面がひとつあります。

それは下腿三頭筋の機能が失われたときです。

ラットを使用した実験では、下腿三頭筋を切除した場合に足底筋が三カ月で40%も肥大したことが報告されています。

そのため、役割としては下腿三頭筋の機能が失われたときの予備としての意味合いが大きいといえます。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme