スポンサードリンク

円回内筋,方形回内筋


円回内筋、方形回内筋に関する充実したデータ(ストレッチ、筋力トレーニング、マッサージ方法など)をここでは閲覧できます。目次は以下になります。

円回内筋の概要

円回内筋(pronator teres)は前腕前面に位置する筋肉です。名前の通りに前腕を回内させる働きがあります。また、肘関節屈曲にも作用します。

肘窩の内側縁を構成し、上腕頭と尺骨頭の二頭を有します。上腕頭は内側上顆炎(ゴルフ肘)などのオーバーユース障害をきたしやすい部位になります。

1.前方から見た円回内筋
円回内筋|正面
 2.側方から見た円回内筋
円回内筋|側面
 3.後方から見た円回内筋
円回内筋|後面
支配神経 正中神経
髄節 C6-7
起始 ①上腕頭:内側上顆・内側上腕筋間中隔
②尺骨頭:鈎状突起内側
停止 橈骨外側面の中央部
栄養血管 尺骨動脈、撓骨動脈
動作 前腕の回内、肘関節の屈曲
筋体積 80㎤
筋線維長 4.5㎝
スポンサードリンク

上腕骨内側上顆に付着している筋肉

内側上顆に付着する筋肉は、①円回内筋、②橈側手根屈筋、③長掌筋、④尺側手根屈筋、⑤浅指屈筋の五つがあります。

そのため、内側上顆には筋収縮による負荷がかかりやすく、それが持続することによって炎症が起こる場合があります。

円回内筋以外は肘関節や前腕のみに作用しますが、②③④は手関節掌屈にも作用しますので、掌屈時に痛みを生じます。

⑤のみは手指の屈曲動作に作用しますので、浅指屈筋に問題がある場合は、指を曲げた際に痛みを生じます。

痛みはあくまで目安であり、内側上顆に炎症があると付着筋すべてに影響が出るため、治療には各筋肉の動きを制限することが必要となります。

上腕骨内側上顆に付着する筋肉

円回内筋の触診方法

円回内筋を触診する際は、手関節を掌屈位に保持することが重要になります。

掌屈することで円回内筋の遠位を併走する撓側手根屈筋、長掌筋、尺側手根屈筋のの運動参加を排除することができます。

その状態から肘関節90度屈曲位に保持し、前腕回内運動を行わせることで円回内筋の収縮を触知することができます。

円回内筋

円回内筋の痛みとトリガーポイント

円回内筋のトリガーポイントは起始部に発生し、関連痛は前腕外側から母指の付け根にかけて起こります。

この筋が損傷している場合、ぞうきんを絞る動作で痛みが生じます。また、円回内筋の硬化によって腱鞘炎と似た症状が出る場合があります。

円回内筋,トリガーポイント,痛み,関連痛

円回内筋はSFAL(スーパーフィシャル・フロントアーム・ライン)の筋膜経線上に存在するため、痛みが前腕から手指にかけて派生する場合があります。

 アナトミートレイン|SFAL|スーパーフィシャル・フロントアーム・ライン

円回内筋のマッサージ方法

前腕を回内させて円回内筋の収縮を触知しながら走行を確認し、上腕骨内側上顆(起始部)に母指を当てて押圧します。

そこから筋の走行に沿いながら橈骨外側面の中央部(停止部)に向けて母指を滑らせていきます。

硬結部などが触知できた場合は、持続圧迫を加えてリリースしていきます。

②方形回内筋の概要

方形回内筋(pronator quadratus)は手首前面に位置する平らな筋肉です。主に前腕を回内させる筋肉であり、手関節の動きには関与しません。

この筋肉が硬化すると、手根管症候群と似た症状が出現するため、触診による鑑別が必要となります。

1.前方から見た方形回内筋
方形回内筋|正面
 2.側方から見た方形回内筋
方形回内筋|側面
 3.後方から見た方形回内筋
方形回内筋|後面
支配神経 正中神経
髄節 C8-T1
起始 尺骨の遠位端1/4の前面
停止 橈骨の遠位端1/4の前面
栄養血管 前骨間動脈
動作 前腕の回内
筋体積 11㎤
筋線維長 3.0㎝

方形回内筋の触診方法

下記の写真では、肘関節90度屈曲位、手関節最大掌屈位からの前腕回内運動にて、方形回内筋を起始部(尺骨の遠位端1/4の前面)で触診しています。

表層を長掌筋、橈側手根屈筋、浅指屈筋、深指屈筋、長母指屈筋の腱が通過しているため、それらの腱を避けながら触知していきます。

方形回内筋

方形回内筋のマッサージ方法

手首には橈骨動脈を筆頭に複数の血管が通過しているため、マッサージを実施する際は注意が必要です。

また、方形回内筋のマッサージ方法はやや特殊で、表層を覆っている腱への刺激をなるべくに避ける方法がとられます。

具体的には、術者は患者の手首を把持し、内外側から指を滑り込ませるようにして方形回内筋に圧を加えます。

術者はもう片方の手で患者の手と握手するように保持し、ドアノブをひねるように回内と回外を繰り返していきます。

方形回内筋にしっかりと圧が加わっていることを確認し、徐々に手首を把持した手を近位部にずらしていき、筋全体に圧が加わるようにします。

円回内筋/方形回内筋の運動貢献度(順位)

貢献度 前腕回内
1位 円回内筋
2位 方形回内筋
3位 橈側手根屈筋
4位

ストレッチ方法

①四つ這いで両手の指先を後方に向け、上体をゆっくり後方に引きます。前腕を最大回外位に保持することで効果的にストレッチできます。
円回内筋,ストレッチ,方法
②腕を前方に伸ばして指先を下に向け、手首を背屈させます。もう片方の手で手指をつかみ、さらに背屈方向に誘導していきます。
方形回内筋,ストレッチ,方法
③片手で棒を持ち、もう片方の手で前腕を支えます。棒の重さを利用して、前腕を回外させていきます。
手関節,回内筋,ストレッチ,方法

筋力トレーニング

①坐位にて机やベッドに前腕を乗せ、前腕は回外した状態で手首より先をベッドの外に出します。その状態でダンベルを把持し、前腕を回内させていきます。
Forearm-Pronation,回内筋,筋トレ,方法

お勧めの一冊

筋肉の走行を見ながら触診やマッサージ方法を学ぶことができるベストセラー書です。付属のDVDで実際の流れを見て覚えることができるのでお勧めです。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme