スポンサードリンク

後十字靭帯損傷のリハビリ治療


後十字靭帯(Posterior Cruciate Ligament:PCL)損傷のリハビリ治療に関する目次は以下になります。

後十字靭帯損傷の概要

%e5%be%8c%e5%8d%81%e5%ad%97%e9%9d%ad%e5%b8%af%e5%89%8d%e9%9d%a2
%e5%be%8c%e5%8d%81%e5%ad%97%e9%9d%ad%e5%b8%af%e5%be%8c%e9%9d%a2

後十字靭帯は大腿骨と脛骨の間(膝関節内)に存在する靱帯で、大腿骨の内側顆から脛骨の顆間隆起後方に付着しており、脛骨の後方への偏移を制動しています。

膝関節内には二本の靱帯があり、それらが交差して十字に見えることから前方を前十字靭帯、後方を後十字靭帯と名付けられました。

後十字靭帯(PCL)は長さが約40㎜、幅が1.5㎜で、太さは前十字靭帯(ACL)の約2倍です。そのため、後十字靭帯損傷は発生頻度が低く、完全断裂より部分断裂をきたす場合が多いです。

%e5%be%8c%e5%8d%81%e5%ad%97%e9%9d%ad%e5%b8%af%e3%81%ae%e5%a0%b4%e6%89%80%ef%bd%9c%e8%86%9d%e9%96%a2%e7%af%80%e3%81%ae%e6%a7%8b%e9%80%a0

ACL損傷と比較してニ次的な半月板損傷や骨軟骨障害をきたす可能性が低い障害であり、PCL単独損傷の場合は第一に保存療法が選択されます。

保存療法で治療したとしても、大腿四頭筋の筋力が回復すれば高確率でスポーツ復帰が可能といわれています。

後十字靭帯は膝で最も負傷しにくい靭帯であり、損傷しても症状が強く現れないので気付かれないこともあるほどです。

PCL損傷はスポーツだけでなく、交通事故で多く発生し、膝屈曲位で脛骨粗面を強打し、脛骨が強制的に後方移動させられることで損傷します。

後十字靭帯の緊張肢位

MRIにて膝屈曲角度の違いによるPCLの状態観察を行った例では、膝屈曲60度にて最大伸張を示し、膝屈曲0度及び120度で弛緩することが報告されています。

前十字靭帯の緊張肢位

また、PCLはACLと同様に2つの線維束があり、前外側線維束(ALB)と後内側線維束(PMB)に分類できます。

ALBは膝屈曲位で、PMBは膝伸展位で緊張します。そのため、広い範囲で緊張を保つことができるような構造となっています。

ALBとPLBの違い ALBとPLBの違い②

靭帯を切離した場合の代償

ACLを切離した場合の脛骨前方移動量は15-45度屈曲位で約2倍となりますが、PCLを切離すると後方移動距離は75-90度屈曲位で約3倍となります。

PCLはACLよりも大きくて強い靱帯であることは説明しましたが、大きさに比例して制動している範囲も広くなっています。

膝関節の屈曲90度前後での動揺性が高くなるということは、階段昇降時などに踏ん張る際の安定性が欠如することにつながります。

そのため、PCLの切離者では階段を降りる際に体重を健側に移して受傷側の足を上げる瞬間の不安感を訴える場合が多いです。

また、脛骨が後方移動することで膝蓋大腿関節の圧力が高まることにより、膝蓋骨部に疼痛が発生するようになります。

膝蓋大腿関節

徒手的検査方法

1.後方への落ち込み現象

  • 背臥位で両膝を90度屈曲させて筋を弛緩させる
  • 脛骨粗面が後方へ落ち込むと陽性
  • 左右差を比較して評価する
脛骨の落ち込み現象

引用元:札幌スポーツクリニック

2.後方引き出し徴候

  • 膝関節90度屈曲位で下腿近位部を保持して前後動揺をみる
  • 脛骨の落ち込みがみられたら陽性
  • 落ち込んだ位置から引き出すと前方動揺と間違いやすいので注意する

リハビリテーション

下記は、一般的なリハビリテーションの流れを掲載しています。実際には、担当医に指示をもらいながら、本人の状態に合わせて負荷量は調整していきます。

後十字靭帯損傷に対するリハビリテーションの流れ

装具療法

脛骨の後方動揺を制動するために下腿近位部を後方から抑えるストラップを取り付けた膝関節装具を装着して荷重練習を開始します。

荷重量については、とくに制限を設けず、疼痛を目安に部分荷重から全荷重へ進めていきます。

関節可動域運動

PCL損傷では、膝関節の屈曲に伴って脛骨が後方に落ち込みが生じます。

脛骨の落ち込みを防ぐために膝窩部にタオルを挟んで、屈曲域の可動域練習を行うことが推奨されています。

後十字靭帯損傷の関節可動域訓練|自主トレーニング

筋力トレーニング

PCL損傷で最も大切なのは、大腿四頭筋の強化です。

大腿四頭筋には脛骨の後方動揺を制動する作用があり、保存療法後のスポーツ復帰の可否は、大腿四頭筋の筋力に左右されます。

筋力の回復程度に合わせて、弾性バンドを使用したレッグエクステンションやスクワットなどを実施することが推奨されます。

また、下腿三頭筋にも脛骨の後方動揺を抑制する作用があるので、大腿四頭筋と同様に筋力強化を図っていきます。

脛骨の落ち込みを防ぐ筋肉

膝関節運動で後外側部に疼痛が起こる理由

PCL損傷後、膝関節後外側部に疼痛を訴える症例は多いですが、PCLは大腿骨内側顆の外壁に付着しているため、膝関節後外側には存在しません。

疼痛が発生する原因は、主に後外側支持機構(PLS)にあります。

PLSとは、膝窩筋と静的安定化機構の総称であり、膝関節伸展最終域で緊張し、脛骨を外旋させる働きがあります。

ここが障害されると、膝関節伸展運動時に外旋運動が出現せず、関節に過度な負荷が加わることになります。

また、屈曲時に膝窩筋の収縮力がうまく発揮されないと、同部に関節包の挟み込みが生じます。そのため、PLS損傷が生じると屈曲時にも伸展時にも膝関節痛が生じるといった状態に陥ります。

歩行時の不安定感の原因

後十字靭帯損傷にPLS損傷を伴うと、後外側回旋不安定症を呈することになります。

この場合、膝関節90度屈曲位、下腿外旋位で脛骨を後方に押し込むと、脛骨の後方移動量が増加します。

通常、膝関節伸展運動の最終域では、脛骨の外旋運動が生じ、膝関節の安定性を高めることになります。

これをスクリューホームムーブメントと呼びますが、この機構が破綻していると、歩行時に膝関節伸展位で不安定感や疼痛を発生することになります。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme