スポンサードリンク

痛みの原因と特徴を組織別にわかりやすく解説


組織別に痛みの原因と特徴について解説していきます。

1.骨・骨膜の痛み

膝関節の構造

骨に神経は存在せず、骨の外側を包んでいる骨膜に神経は存在します。この骨膜は非常に神経が豊富であり、炎症や機械刺激が加わると激しい痛みを起こします。

機械刺激の代表例が骨折であり、骨膜炎の代表例がシンスプリントです。骨折は激しい鋭利痛が特徴ですが、シンスプリントは鈍痛が主になります。

骨膜は関節の付近で関節包へと移行し、関節部の骨は関節軟骨に覆われることになります。関節軟骨に神経は存在しないため、基本的にどれだけ関節軟骨が磨り減って変形しても痛みは生じません。

しかし、関節軟骨の下部に存在する骨には血管が通過しているため、圧迫された状態が続くと虚血を起こし、鈍痛を生じることになります。

2.関節包の痛み

関節部で骨膜が移行したものが関節包なので、関節包には神経が豊富に存在しています。また、関節包は外側の線維膜と内側の滑膜の二層構造となります。

滑膜には血管が豊富に存在しており、関節液を分泌することで関節軟骨に栄養を与えています。その滑膜に炎症が起きると関節液を過剰に分泌し、関節内の腫脹(水腫)を起こします。

滑膜を刺激する原因は主に関節軟骨が摩耗して剥がれ、その一部が関節内を遊離して滑膜を刺激することで起こるとされています。また、アライメントが崩れて関節包の挟み込みが起きたり、関節板の亜脱臼なども刺激の原因となります。

3.皮膚の痛み

最も身体の表層にある皮膚は、外部の刺激から身体を守るために神経を豊富に含んでいます。とくに手の指先や唇などは触れる機会が多いため、神経も非常に密となっています。

そのため、指先の皮膚を損傷すると痛みをより強く感じることになります。骨膜や関節包、皮膚といった組織は痛みの場所が明瞭であり、強い鋭利痛を訴えるのが特徴です。

これらは外傷による炎症が基本にあるため、人体は危険信号を確実に伝える必要があります。損傷が治癒すると同時に痛みは治まるので、治療上の指標としては極めて重要な所見となります。

一般的に炎症が存在する急性期のみの痛みですが、ここで正しい対処がなされないと認知や自律神経の異常が起こり、炎症が消失しているにも関わらず痛みを訴えます。

これを慢性痛と呼びますが、慢性痛では痛みの閾値が低下しており、炎症が存在しないので消炎鎮痛薬を投与しても効果が得られにくい状態となります。

4.筋・筋膜の痛み

筋肉の痛みについては、①筋膜損傷、②筋線維損傷、③血流障害の三つに分けてから考える必要があります。

筋膜とは筋組織に結びついている軟部結合組織であり、筋膜は五つに分類することができます。以下に浅層より順挙していきます。

種類 特徴
①浅筋膜 皮下組織の中に存在して全身を覆う最も浅層の筋膜
②深筋膜 浅筋膜の下に位置して筋を連結して全身を覆う膜
③筋外膜 複数の筋周膜を包んで筋肉を覆う膜
④筋周膜 複数の筋内膜を包む膜
⑤筋内膜 複数の筋原線維を包む膜

深筋膜と最外層の浅筋膜の移行領域には、固有受容性神経終末が高密度に存在しており、赤筋の約10倍ともいわれています。そのため、筋膜に損傷が起こると時に耐え難い痛みを訴えるようになります。

筋線維損傷はいわゆる筋肉痛や肉離れであり、筋実質部(筋線維)を損傷することで起こります。筋肉が伸張や収縮することで損傷部に負担が加わり、強い痛みを訴えることになります。

筋肉痛が安静をとることにより数日で治癒するように、基本的に炎症による痛みなので、損傷組織が治癒することで痛みは自然と治癒します。

最後に筋肉の血流障害(虚血)による痛みですが、これは炎症の痛みではないため、それほど危険性が高くないという理由から痛みはあまり強くなく、重くだるい鈍痛が特徴です。

例えば、肩こりなどはまさに血流障害が主因であるため、原因の筋肉をマッサージすることで即時的に血流が改善して痛みが楽になります。

筋肉の血流障害には過度な緊張(攣縮)で起こる場合と、アライメントの変化によって筋肉が伸張位に保持され、内部の血管が圧迫されることにより起こる場合があります。

5.腱の痛み

筋肉は大きく分けて筋組織と腱組織に分けられますが、筋組織は柔軟性に富んでいますので、そのまま骨に付いても力が上手く伝達していきません。

その弱点を補うために筋肉は付着部のちかくに移るにつれて徐々に硬くなっていき、腱となって骨に付着します。筋肉は赤色に、腱は白色に見えますが、これは血流量に左右されます。

腱組織は筋収縮の負担を全面的に受けているため、筋収縮が繰り返されると損傷する危険性を併せ持っています。腱組織は筋組織に対して血流が乏しいため、一度損傷すると治癒しにくいのが特徴です。

発生初期には重くだるい感覚が出現しますが、それを無視して使い続けると炎症が起こって痛みが生じます。原因が炎症なのでステロイド注射を実施するとすぐに痛みが楽になります。

ただし、あくまで組織が治癒したわけではないので、安静にて回復を待つ必要があります。また、ステロイドホルモンは腱組織を弱くする副作用もあるので過用は禁物です。

6.靱帯の痛み

靱帯は関節の制動に働くため、その構造は極めて強靱となっています。靱帯の痛みは腱の痛みとよく似ており、どちらも血流が十分ではないので損傷することで難治性を示す場合が多いです。

外部から大きな力学的負荷が加わって損傷したり、関節運動の反復によって他の組織との摩擦を繰り返し、最終的に炎症が発生することで痛みが起こります。

例えば、腸脛靭帯炎などは反復刺激によって炎症が起きた状態なので、治療には刺激動作を禁止することが第一です。また、走るフォームを改善するなどして再発を繰り返さない指導も必要になります。

7.内臓の痛み

内臓由来による痛みの場合は、血流障害が基本にあるため、深部に鈍い痛みを感じることになります。食後にランニングをしたら横腹が痛くなるのは、胃の消化に必要な血液が供給されずに痙攣を起こしているからといわれています。

姿勢を変えても痛みが変化しないことが特徴で、原因となっている臓器によっては、食事に伴って痛くなったり、月経時に痛みが強くなるといった様々な症状が現れます。

それぞれの臓器で特徴的な関連痛領域や機能低下が存在しますので、触診のみでは原因の特定が難しい場合は考慮する必要があります。

8.神経の痛み

痛みはすべて神経を伝わって脳に情報が送られていますので、ここでは神経が直接的に圧迫を受けた場合の痛みについて解説していきます。

直接的に圧迫される代表的な疾患が腰椎椎間板ヘルニアですが、通常、正常な神経を単純に圧迫したところで強い痛みは起こらず、しびれのほうがメインで起こります。

強い痛みが生じる場合は神経に炎症が起こっている状態の時であり、その際は軽い刺激でも激痛を訴えることになります。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme