スポンサードリンク

肩峰下滑液包炎のリハビリ治療


肩峰滑液包炎のリハビリ治療に関する目次は以下になります。

肩峰下滑液包炎の概要

滑液包とは、滑液を包んだ平らな袋であり、皮膚や筋肉、腱、靭帯などと骨が擦れる部分に存在し、衝撃を吸収して滑りを良くしています。

肩峰下に存在する滑液包なので、肩峰下滑液包と呼ばれています。

では、肩峰下滑液包がなにとの摩擦を軽減しているかですが、その下方には棘上筋腱が走行しているため、棘上筋と肩峰が擦れるのを防いでいるといえます。

肩峰と上腕骨の間隙は肩関節を挙上(とくに外転)する際に狭まりやすい部位であり、それを少しでも緩和するために滑液包は存在しています。

しかし、繰り返し肩関節を挙上させることで刺激が加わり続けることにより、徐々に滑液包が損傷し、炎症を起こします。その状態を肩峰下滑液包炎と呼びます。

肩関節の構造|肩峰下滑液包炎

信原の肩関節障害の分類と頻度

肩関節障害を主な原因別に分類した研究では、肩峰下滑液包炎は全体のわずかに2%であるため、臨床ではそれほど多いものではありません。

しかしながら、同様に挟み込まれている腱板炎は全体の41%を占めているため、主因ではないながらも付随して炎症を起こしている可能性は高いと考えられます。

肩関節の障害割合

肩峰下滑液包炎の検査法

方法論として、肩峰と上腕骨が接触するような動きに誘導させて、内部の肩峰下滑液包に圧迫を加えることで炎症を確かめています。

しかし実際は、棘上筋の停止腱も同時に圧迫を加えられてしまうため厳密な鑑別は難しいです。(ほとんどの場合は腱板炎の痛みです)

以下に代表的な肩関節テストであるホーキンスとニアーズの検査を掲載します。

1.Hawkins-Kennedy test
肩外転90度、肘屈曲90度の姿勢から肩関節を内旋させる
肩部に痛みがある場合に陽性となる
2.neer’s test
検査者は肩甲骨を固定し、被験者は前腕を回内位にさせた状態から肩関節を屈曲する
肩部に痛みがある場合に陽性となる
スポンサードリンク

画像検査による診断

肩峰下滑液包炎の確定診断は、MRI検査が有効となります。炎症を起こしている場合、上方の三角筋と下方の棘上筋との違いがはっきりと見てわかります。

肩峰下滑液包炎のMRI画像

引用元:稲毛整形外科~診療日記~

肩峰下滑液包炎の治療法

肩峰下滑液包炎に対する治療として、炎症を抑えるための抗炎症薬の処方、ステロイド剤の注射療法などがあります。

また、生活指導として肩関節の挙上を制限し、肩峰下滑液包の挟み込みが起こらないように注意します。

保存療法で改善が望めない場合、または痛みが著しい場合は手術の適応となります。

滑液包の癒着や肥厚の治療

肩峰下滑液包の炎症が持続すると、滑液包や腱板の肥厚および癒着が起こります

そうなると、肩を少し挙げるだけで痛みが生じたり、肩関節のロッキングをきたす原因になります。

肥厚や癒着を治療するには、手術(肩峰下除圧術)や剥離操作を加えていく必要があります。

剥離操作は前上方と後上方の組織に分けて実施され、前上方組織には肩関節外旋・内転・牽引を、後上方組織には肩関節内旋・内転・牽引を加えます。

インピンジメント症候群について

インピンジメント症候群とは、肩を挙上する際に大結節と肩峰が衝突し、その間隙で棘上筋腱や肩峰下滑液包が挟み込まれる状態を指します。

骨形態

Impingementは衝突という意味があり、衝突を引き起こす原因には骨の形態的変化(OI)とそれ以外の要因(NOI)に大別されます。

OI NOI
肩峰前方の骨棘 大結節の突出
肩峰の異形 挙上時の骨頭上方偏位(腱板不全)
肩峰の傾斜 C-C mechanismの破綻
肩鎖関節下方の骨棘 肩峰下滑液包や腱板の肥厚

骨の形態的変化は単純X線写真にて、肩峰下滑液包や腱板などの軟部組織の変性についてはMRI写真にて確認していきます。

また、画像検査では明確な問題が見つけられない場合も多いので、実際の肩関節挙上時の骨頭や肩甲骨の位置確認を行うことが大切です。

そのようにして、総合的にインピンジメントを起こしている原因を突き止めることで、肩峰下滑液包炎や棘上筋腱損傷の発生を防いでいきます。

手術療法(肩峰下除圧術)

肩峰下除圧術は、三角筋を肩峰の前方および外側前方から切離し、肩峰の前下面をノミで切除する手術法になります。

切離した三角筋は、再び肩峰に非吸収性の糸で縫合固定されます。修復過程を考慮し、三角筋への抵抗運動は術後2カ月以降から開始します。

近年では鏡視下肩峰下除圧術が主流となっており、鏡視下では三角筋の両側から内視鏡とアブレーダーを挿入して骨切除を行うため、三角筋の切離は必要ありません。

手術侵襲が少ないため、痛みが消失したらすぐに抵抗運動を実施することができ、早期復帰が可能となります。

リハビリテーション

肩峰下滑液包炎の治療は通常の炎症と同様に、患部を安静に保ちながら炎症が引くのを待つことが第一です。

炎症に対しては物理療法(超音波など)を使用しての消炎鎮痛を期待したいところですが、実際はあまり効果はないようです。

肥厚や完全な癒着にまで悪化してしまうと、保存療法ではアプローチが困難になりますので、発生初期の予防がなによりも重要になります。

また、原因がインピンジメント症候群にあるようなら、肩関節の正常な動きに戻せるかについても検討していきます。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme