O脚の原因と判定方法について

内反膝(O脚)の判定方法とその原因について、わかりやすく解説していきます。

O脚の判定方法

内反膝を判定する方法として、両足を揃えて立ち、両膝の隙間(大腿内側顆間距離)が2横指以上離れている場合を内反膝とします。

内反膝は大きく分けて、構造的内反と機能的内反の2つがあり、どちらに該当するかを鑑別することは治療において非常に重要です。

構造的内反の判定方法

膝関節の構造的な内反を判定するためには、単純X線写真から大腿脛骨角(FTA)を計測する必要があります。

正常では170〜176度の範囲をとりますが、これが構造的な内反膝では180度以上となります。

変形性膝関節症(構造的内反)では荷重時に内反傾向が増大しますので、片脚立位時に内反が変化するかを確認することも大切です。

単純X線写真で内反膝が認められず、前述した視診で内反膝が認められる場合は、運動連鎖や代償に伴った機能的内反が疑われます。

脛骨の外方弯曲に伴う構造的内反

構造的内反は基本的に膝関節の変形によって起こりますが、場合によっては膝関節に変形がなく、脛骨の外方弯曲に伴って内反膝にみえることがあります。

膝関節の内反変形に伴って、二次的な外力で弯曲しているケースもありますので、どちらの要素も見ていくことが大切です。

変形性膝関節症では荷重時に内反傾向が増大しますが、脛骨の外方弯曲のみでは片脚立位時に内反の増大は起こらないことに留意します。

運動連鎖に伴う機能的内反

骨盤の後傾または後方回旋が存在すると、大腿骨や脛骨は外旋位となり、下行性運動連鎖による見た目の内反膝(機能的内反)を呈します。

スウェイバック姿勢に多い状態であり、大腿筋膜張筋(腸脛靭帯)やハムストリングスは緊張し、大殿筋や大腿四頭筋の広筋群は弱化しています。

足部の回外(踵骨内反)による凹足がある場合も、膝関節内反への強制力が加わりますので、上行性運動連鎖によって機能的内反が生じます。

後脛骨筋が過度な緊張を起こしている状態にあり、足底外側に荷重が集中しています。

代償に伴う機能的内反

基本的に股関節内旋位では外反膝となりますが、膝関節が過伸展している場合は見た目の内反膝(機能的内反)を起こします。

これは大腿骨内旋によって膝関節軸が斜めになることで、過伸展によって膝が外転位になることに由来しています。

そのため、膝関節の過伸展のみがあっても内反膝とはならず、大腿骨内旋が組み合わさることで発生することが肝になります。


vc

他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

ピックアップ記事

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme