vc

内側広筋

この記事では、内側広筋(vatus medialis)に関する充実したデータを閲覧できます。

内側広筋の概要

内側広筋の起始停止

内側広筋の起始停止2

内側広筋は大腿前面内側に位置する筋肉で、大腿四頭筋の中で最も低い位置に筋腹を持ち、膝関節伸展の最終域で活躍します。

筋萎縮が起こりやすい部位のひとつであり、とくに術後などは顕著に萎縮しやすいため、術後早期より積極的なトレーニングが必要となります。

大腿四頭筋の中で最も遅筋線維が多く、臥床時は遅筋線維が集中的に萎縮していくため、萎縮しやすい傾向にあります。

基本データ

支配神経 大腿神経
髄節 L2-4
起始 大腿骨の転子間線から伸びる大腿骨粗線の内側唇
停止 ①膝蓋骨の上縁および内側縁

②膝蓋腱を介して脛骨粗面に付着

栄養血管 大腿動脈
動作 膝関節の伸展(特に外旋位)
筋体積 555
筋線維長 7.7
速筋:遅筋(%) 47.452.6

運動貢献度(順位)

貢献度

膝関節伸展

1 中間広筋
2 外側広筋
3 内側広筋
4 大腿直筋

内側広筋の触診方法

自己触診:内側広筋

膝関節の終末伸展運動にて、内側広筋の筋腹部を触診しています。

通常は筋腹が視診で確認できます、出現しない場合は萎縮を疑われます。

ストレッチ方法

内側広筋のストレッチング

長坐位にて片脚を屈曲させます。その際に、股関節は外旋させて足部はお尻の下を通して反対側に出るようにします。

そのまま体幹を後方に倒していくことで、内側広筋を選択的に伸張することができます。

大腿四頭筋の収縮方向|大腿直筋|外側広筋|内側広筋|中間広筋

図を見ていただくとわかりやすいですが、内側広筋はその走行から大腿骨を内旋方向に動かすように作用します。

そのため、大腿骨を外旋させることでより伸張位に保持できます。外側広筋の場合はその逆で、大腿骨を内旋させることで伸張できます。

筋力トレーニング

内側広筋の筋力トレーニング

背臥位にて膝下に巻いたタオルを置いて、それを押し潰すようにして力を入れていきます。

主に終末伸展運動に関与する内側広筋を鍛えられますが、筋力トレーニングというよりは収縮不全を解消する促通がメインになります。

スクリューホームムーブメント

スクリューホームムーブメント

膝関節の終末伸展運動(伸展最終域までの約15度)において、大腿骨には約7度の内旋運動が生じます。

ネジを回転させてはめ込む動きと似ていることから、この運動をスクリューホームムーブメントと呼びます。

この作用により、膝関節は完全伸展位で最も安定した位置になるため、これをロッキングメカニズムともいいます。

スクリューホームムーブメントには内側広筋の収縮が重要で、大腿骨を内旋させて引き付けるように誘導していきます。

エクステンション・ラグ

エクステンション・ラグ

内側広筋の萎縮によって膝関節を最終伸展位でロックできない状態を「エクステンションラグ」と呼びます。

この状態は膝関節の安定性を失ってしまうため、歩行時などの転倒リスクにもつながります。

一度発生すると改善が乏しいため、内側広筋の廃用予防は非常に重要です。

内側広筋は内転筋膜を介して大内転筋に付着しているため、鍛える際は股関節の内転筋群も併せて鍛えると効果的です。

圧痛点と関連痛領域

内側広筋の圧痛点と関連痛領域

内側広筋は大腿骨内旋に作用するため、内旋運動配列の筋膜に属します。

圧痛点(トリガーポイント)は内側広筋の最も膨隆した部分に出現し、関連痛は膝関節前内方に起こります。

また、筋膜障害は痛み以外にも出力や反応速度の低下を引き起こし、膝蓋骨の可動性を減少させて、結果的に膝蓋靭帯炎や膝くずれといった症状を引き起こします。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme