vc

外側広筋

この記事では、外側広筋(vastus lateralis)に関する充実したデータを閲覧できます。

外側広筋の概要

外側広筋の起始停止 外側広筋の起始停止2

外側広筋は大腿前面外側に位置する筋肉で、下腿が内旋位の状態からの膝関節伸展で貢献度が高くなります。

そのため、女性などに多い内股姿勢においては、外側広筋が優位に働いており、膝蓋骨が外側上方に偏移している傾向にあります。

内側広筋は遅筋線維が多いのに対して、外側広筋は速筋線維が多いため、臥床時に萎縮しにくい傾向にあります。

基本データ

支配神経 大腿神経
髄節 L2-4
起始 大腿骨の大転子の外側面、転子間線、殿筋粗面および粗線の外側唇
停止 ①膝蓋骨の上縁および外側縁

②膝蓋腱を介して脛骨粗面に付着

栄養血管 大腿動脈
動作 膝関節の伸展
筋体積 514
筋線維長 8.0
速筋:遅筋(%) 58.541.5

運動貢献度(順位)

貢献度

膝関節伸展

1 中間広筋
2 外側広筋
3 内側広筋
4 大腿直筋

外側広筋の触診方法

自己触診:外側広筋

膝関節の終末伸展運動にて、外側広筋から外側膝蓋支帯へと移行する様子を触診で確認しています。

ストレッチ方法

外側広筋のストレッチング

長坐位にて片脚を屈曲させます。その際に、股関節は内旋させて足部は体幹の外側に出るようにします。

そのまま体幹を後方に倒していくことで、外側広筋を選択的に伸張することができます。

筋力トレーニング

外側広筋の筋力トレーニング

椅子に腰掛けた状態で、膝関節を伸展させていきます。

足首に重りなどを付けてから実施することで、より効果的にトレーニングしていくことができます。

圧痛点と関連痛領域

外側広筋の圧痛点と関連痛領域

外側広筋は腸脛靭帯や大腿二頭筋と膝の外側安定性を担っており、外方運動配列の筋膜に属します。

圧痛点(トリガーポイント)は大腿外側の中間(腸脛靭帯上)に出現し、関連痛は膝関節外側に起こります

外側広筋などの異常で外側安定性を失った膝関節では、膝くずれ感を訴えることが多いです。

アナトミートレイン

アナトミートレイン|BFL|バック・ファンクショナル・ライン

外側広筋はBFL(バック・ファンクショナル・ライン)の筋膜経線上に存在する筋肉で、他の筋よりも上方に痛みが拡がりをみせます。

このラインは広背筋を通して反対側の上腕骨体までつながるといった特徴的なつながりを持ちます。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme