【専門職向け】外側広筋の触診やストレッチを解説

この記事では、外側広筋(vastus lateralis)に関する充実したデータを閲覧できます。

外側広筋の概要

外側広筋の起始停止 外側広筋の起始停止2

外側広筋は大腿四頭筋の中で最も大きい筋肉であり、下腿が内旋位の状態からの膝関節伸展で貢献度が高くなります。

そのため、女性などに多い内股姿勢においては外側広筋が優位に働いており、膝蓋骨が外側上方に偏移している傾向にあります。

内側広筋は遅筋線維が多いのに対して、外側広筋は速筋線維が多いため、長期の安静臥床時でも萎縮しにくいです。

外側広筋は大腿四頭筋腱につながる共同腱部と、膝蓋骨外側ならびに外側膝蓋支帯につながる斜走線維に分けられます。

基本データ

支配神経 大腿神経
髄節 L2-4
起始 共同腱部:大腿骨粗線外側唇、上方は大転子の下部

斜走線維:腸脛靭帯の裏面

停止 共同腱部:共同腱へ移行後に膝蓋骨を介して脛骨粗面

斜走線維:膝蓋骨外側縁および外側膝蓋支帯

栄養血管 大腿動脈
動作 膝関節の伸展、下腿の外旋・外転
筋体積 514
筋線維長 8.0
速筋:遅筋(%) 58.541.5

運動貢献度(順位)

貢献度

膝関節伸展

1 中間広筋
2 外側広筋
3 内側広筋
4 大腿直筋

外側広筋の触診方法

自己触診:外側広筋

膝関節の終末伸展運動にて、外側広筋から外側膝蓋支帯へと移行する様子を触診で確認しています。

ストレッチ方法

外側広筋のストレッチング

伸張したい側の下肢を股関節内旋・膝関節屈曲位とし、足部を体幹の外側に移動させて、そのまま上体を後方に倒していきます。

筋力トレーニング

外側広筋の筋力トレーニング

椅子に腰掛けた状態で、膝関節を伸展させていきます。

足首に重りなどを付けてから実施することで、より効果的にトレーニングしていくことができます。

トリガーポイントと関連痛領域

外側広筋の圧痛点(トリガーポイント)は全周性に出現し、関連痛は大腿から膝関節外側にかけて痛みが放散します。

外側広筋は腸脛靭帯から起始していることもあり、両者は密接に関係し、腸脛靭帯の圧痛点とは鑑別が困難なことも多いです。

そのため、トリガーポイント治療を実施する際は両者を同時に行います。

アナトミートレイン

外側広筋はBFL(バック・ファンクショナル・ライン)の筋膜経線上に存在する筋肉で、大殿筋や腸脛靭帯と強く連結しています。

腸脛靭帯や外側広筋は硬くなりやすく、さらに腸骨稜上が硬結しやすいことで非常に動きが制限されやすい傾向にあります。

外側広筋の歩行時の筋活動

大腿四頭筋の歩行時の筋活動

外側広筋は遊脚終期(TSw)より活動を開始し、荷重応答期(LR)には遠心性に働きながら膝関節をコントロールしていきます。

外側広筋に機能不全がある場合は、荷重応答期に遠心性に収縮しながらゆっくりと膝関節屈曲に持っていくことができず、崩れるようにして膝が曲がってしまいます。

その現象を膝くずれ(giving way)と読んでおり、主に荷重応答期のコントロール不全で起こることになります。

外側広筋の関連する疾患

以下に、外側広筋が関連する疾患の一覧を示します。リンクがある疾患に関しては、別の記事でより詳しく内容を記載しています。

膝蓋大腿関節症

膝蓋大腿関節障害|外側偏位

膝蓋骨を外側に引きつける外側広筋は硬くなりやすい筋肉であり、反対に膝蓋骨を内側に引きつける内側広筋は弱化しやすい筋肉です。

そのため、上の単純X線写真のように膝蓋骨は外上方に偏位しやすい傾向にあり、外側の膝蓋骨と大腿骨の隙間は狭くなりやすいです。

その状態で大腿四頭筋が収縮すると膝蓋骨は正常の軌道から逸脱し、膝蓋骨と大腿骨が外側で擦れて、ギシギシとした軋轢音が聞こえてきます。

摩擦が繰り返されると、磨り減って浮遊した軟骨のかけらが滑膜を刺激して炎症が発生し、膝蓋大腿関節の痛みとして起こります。

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨が外側に偏位しやすいことは前述しましたが、重度になると内側膝蓋大腿靭帯が断裂し、膝蓋骨が脱臼してしまうことになります。

そのため、膝蓋骨脱臼のほとんどは外側脱臼であり、発生初期には断裂に伴う炎症所見が認められます。

膝蓋骨脱臼の20〜50%は脱臼を繰り返す反復性脱臼になり、主訴は膝の不安定感に移行していきます。


vc

他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

ピックアップ記事

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme